館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

治るまでどのくらいの時間がかかるの?

交通事故にあったときどうすればいいのか?

【交通事故から長い時間がかかる回復まで】

不幸にも交通事故に遭ってしまった場合、むち打ちになってしまう可能性がでてきます。

できるだけ早く回復をめざし、一歩目を踏む出すべきです。

その理由は、早ければ早いほど、元に戻ることができる可能性が高まるという事があります。

むち打ちになってしまった場合、原状復帰するまでには長い時間がかかることが珍しくありません。

少しでも早く復帰させるためには、早期の施術を考えていかなければいけないのです。

館林市本町たまい接骨院でも、そのお手伝いを行っておりますので、交通事故に遭ってしまった場合には、まずご相談ください。

 

【できるだけ早い処置が原状復帰への近道】

交通事故によってむち打ちになってしまった場合、館林市本町たまい接骨院の施術方法も時期によって異なります。

整形外科の診察が必要になる場合もありますので、そういった場合には、ご紹介もさせていただけるようになっていますのでご安心ください。

 

交通事故に遭ってむち打ちの原因となる怪我を受傷してしまった直後は、痛みがわからないこともあります。

これは、筋肉が緊張しており、一時的に痛みがわからなくなってしまっているだけです。

痛みが出てしまっている場合同様、初期の対処としては安静に保ちながら、冷却していくことが重要となります。

この処置ができたかどうかが、後遺症にも大きな影響を与えると考えられているため、早期の施術開始が重要なポイントとなるのです。

 

【むち打ちの亜急性期から慢性期】

むち打ちの場合には、交通事故によって受傷してから1か月から3か月以内を亜急性期と呼んでいます。

痛みが落ち着き始めている時期で、直接的な施術を行うことができるようになりますので、館林市本町たまい接骨院でも手技による施術が中心です。

 

受傷した直後は、冷やすことが基本となりますが、亜急性期になると赤外線を使い温めたりすることが必要になります。

むち打ちでは筋肉が凝り固まってしまっているため、手技や鍼灸によってゆっくりとほぐしていきながら、弱った筋肉を助けながら可動域を広げていくことが重要です。

大体の場合には、この時期を過ぎれば原状を取り戻せるようになるでしょう。

 

しかし、長期化してしまうことがあるのも交通事故によるむち打ちの怖い部分です。

慢性期と呼ばれますが、3か月以上たっても痛みやしびれの回復ができない状況を指します。

特定の症状がはっきりしていますので、継続的に施術を行っていくことになりますが、中でも神経症状に対して神経を圧迫している部分を除去できるようにすることも大切です。

 

この期間以降は、症状固定として診断されることも出てきます。

交通事故の場合には、保険を使っていくことができますが、症状固定となってしまった場合には保険が切られてしまう場合も出てくるのです。

こういった場合においても館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

自費で施術を継続していくこともできますし、症状によっては後遺障害の認定を受けることができるケースもあります。

たまい接骨院700

« «