館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

ゴルフでやってしまうとつらい痛みが出る腰

ゴルフで怪我はするものなのか

【ゴルフのスイングで腰を傷める】
ゴルフは、健康のためにも使われることがあるスポーツです。
激しい動きもないために、生涯スポーツとして考えている人も多いでしょう。
体力や技量に合わせてコースの選択もすることができるうえに、ハンディキャップを使うことで誰でも楽しくプレーすることができます。
ですが、下半身を固定したままの状態で上半身を回転させる動きを特徴としており、誤った動きでプレーし続ければ、ダメージを蓄積させることにつながってしまうのです。
特に誤ったスイングを続けたり、無理に力を加え続けたりすれば、故障の原因となってしまいます。
ゴルフの技量や経験によっても、怪我の場所や重さに違いが出るはこのためです。

その中で、スイングの時の起こしてしまうのが、急激な腰の痛みでしょう。
ぎっくり腰と同じ症状ですが、筋肉や靭帯に負荷をかけてしまったために、損傷したりしている状況です。
ひどい場合には、断裂してしまっていることもありますので、痛みを覚えたら館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
間違っても、そのまま放置したりしないようにしなければいけません。

 

【腰の痛みはレントゲンで写らない?】
腰の痛みといえば、動くことが困難になることがあるでしょう。
急性期の場合には、かなり激しい痛みが出ることになりますので、ゴルフどころではなくなるはずです。
ぎっくり腰のような状態の場合には、レントゲンの検査で異常を見つけることができません。
MRIで見つけることができる場合もありますが、発見が難しいのも腰の痛みの特徴なのです。

館林市本町たまい接骨院では、こうした筋肉や腱の傷みの施術を専門としています。
腰の痛みに関してもスペシャリストとしての知識と経験がありますので、できるだけ早い段階でご相談ください。

 

【またゴルフができるように】
ゴルフによるぎっくり腰の場合、急性期では安静にしながら炎症を抑えるために冷やさなければいけません。
痛みが落ち着いたのちには、急激に固まってしまった筋肉をほぐすことが有効です。
館林市本町たまい接骨院では、手技によって筋肉をほぐすことができます。
血行を改善するための措置としても、鍼灸を用いることができる点も、痛みに対して有効な手段となるのです。

腰が痛くては、ゴルフのスイングもできなくなってしまいます。
どんなに健康にいいといわれるスポーツであっても、体が動かなければ行うことはできません。
館林市本町たまい接骨院では、再発防止のためにどうしたらいいのかというご相談もお受けすることができますので、違和感があるときにはご来院ください。

たまい接骨院700

« «