館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

痛みの原因がわからない非特異的腰痛とストレス

腰痛とは一体どんなことか

【原因がわからない】
腰痛の中には、どうしても原因がわからないものがあります。
実は、腰痛全体の85%が、この原因がわからないけど腰が痛いという悩みなのです。
これを非特異的腰痛と呼びますが、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査で原因を突き止めることはできません。
館林市本町たまい接骨院でも、こうした腰痛を得意としているのは、筋肉のこわばりをほぐしたりすることで、痛みからの回復を目指すからなのです。
整形外科では、原因が突き止められなければ、腰痛症や坐骨神経痛ですといわれて終わってしまいます。

なぜ、この二つで片付けてしまうのかといえば、腰痛症という言葉には、筋肉の疲労や怪我が原因であろうという意味があり、坐骨神経痛には神経症状であると丸めてしまうからなのです。
どんなに痛みがあったとしても、異常が見つからなければ、この二つにしてしまうのですから、痛い側からすればたまったものではないでしょう。

【痛いということは間違いなくても】
こうした非特異的腰痛が、これだけ多くなってしまうのかといえば、腰が痛いという状況は同じであっても、原因は一つではないということです。
腰は体を支える重要な部分であり、体が老化したり筋力が低下したりしても負担が増えていきます。
さらに、運動不足や疲労の蓄積、生活習慣上の問題などが絡み合っていくのです。
その結果、いったいどれが主たる原因なのかさっぱりわからなくなってしまいます。
これでは整形外科などで、原因の特定から対処へと至ることが難しくなってしまうのです。

館林市本町たまい接骨院では、カウンセリングによって、生活習慣上の問題なども掘り下げていくことができます。
対応して、施術もしていくことができるようになっているからこそ、対策になっていくのだといえるでしょう。

【原因を複雑にするストレスの存在】
ストレスということも忘れてはいけません。
いろいろな原因が関係していきますが、ストレスが占める割合が増えてくると、余計原因がわからなくなってしまいます。
強い痛みに代わってくる可能性も高まるのですから、腰痛の天敵なのです。
それでも、館林市本町たまい接骨院の様に、筋肉の緊張をほぐすことによって、痛みの緩和と共に血行を改善させることができます。
間接的な結果ながら、ストレスに対しても効果を上げることができるようになるのです。

たまい接骨院700

« «