館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

自動車事故でシートベルトが大切なダッシュボード外傷

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【交通事故とダッシュボード外傷】
自動車事故に遭った際、車のダッシュボードに衝突することで怪我をするのがダッシュボード外傷です。
これは、交通事故として被害者だけではなく、加害者も折ってしまう可能性がある怪我であるといえるでしょう。
館林市たまい接骨院でも多くの事例がありますが、かなり大きな怪我になる可能性があります。

【自動車事故で前席が負う可能性がある】
交通事故の場合、自動車事故として、運転席や助手席が負う可能性があります。
正面衝突の場合に多く見られ、ひざや下腿がぶつかって怪我をするというのが一般的でしょう。
これも、シートベルトがあるので、ある程度抑えられています。
もしも、シートベルトをしていなければ、フロントガラスを突き破っていってしまう可能性も出てくるのです。

この力が加わってしまったときには、大腿骨を骨折してしまったり、股関節脱臼を起こしてしまったりすることがあります。
顔がダッシュボードにあたり、顔面を怪我するのも、ダッシュボード外傷の一つに数えることができるでしょう。

交通事故の怪我としては、かなり重いものになるケースが見受けられます。
後から痛みが出てしまうこともありますので、自動車事故に遭ってしまったりしたのであれば、館林市たまい接骨院にご相談ください。

【シートベルトの正しい使用を】
ダッシュボード外傷は、シートベルトで多くの部分を予防することができます。
自動車事故の衝突による衝撃にも耐えられるようになっているのですから、重要な安全装備であることは間違いないでしょう。
実際に館林市たまい接骨院に来られる方でも、シートベルトをしていなければ、もっと大きな怪我になってしまうことがあります。
ですが、正しい使用方法を知らなければ、やはり怪我をすることにつながります。
大事な点は、骨盤にゆるまずにまくことと、シートに深く腰掛け肩と首の中間を通すことでしょう。
これができていないと、シートベルトをしても、交通事故の際に体が潜り込んでしまい、役目を果たさないことがあるのです。
これをサブマリン現象と呼びますが、非常に危険な体勢となりますので、しっかり着用しましょう。

たまい接骨院700

« «