館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

自動車事故でもよくあるのがむち打ち

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【自動車事故で多いむち打ち】
交通事故の怪我のうち、最も知られているのは、やはりむち打ち症でしょう。
首が衝撃によってむちのようにしなり、怪我をするところからむち打ち症と呼ばれています。
正確には頸椎捻挫と呼ぶ怪我ですが、軽傷であっても早期に回復を目指していくことが必要となるのです。
交通事故に遭ったり、自動車事故に遭ってしまったりした場合には、早期に館林市のたまい接骨院にご相談ください。

【交通事故に遭ったら安静が必要となる】
むち打ち症は、軽傷の場合安静療法をとります。
館林市たまい接骨院でも、初期の段階で施術をスタートすれば、ほとんどは短期間に回復できるものです。
とにかく安静にすることが大切であり、早期の判断が重要な意味を持つといえるでしょう。

重度の場合には、頸椎カラーで固定することもあります。
しかし、問題になるのは、この頸椎カラーをすることで、首の筋肉が痩せてしまうことでしょう。
逆に外すことができなくなってしまいますので、いたずらに使用することは控えるべきです。

頸椎牽引により施術するところもありますが、急性期には絶対に行ってはいけません。
特に重度の場合には、四肢に麻痺症状が出ている可能性もあり、安静にすることから始めなければいけません。
こうした自動車事故で起きる怪我は、素人考えで誤った処置をすると大変危険であり、一生の問題になることもありますので、まずは館林市たまい接骨院にご相談ください。

【自動車事故は素人判断がとても危険】
自動車事故や交通事故の場合、事故直後には筋肉の緊張により、むち打ちの痛みを感じていない場合もあります。
ですが、時間の経過とともに痛みを感じるようにもなってきますので、素人判断で放置することは大変危険です。
かるい交通事故であったとしても、まずは館林市たまい接骨院にご来院ください。
それから何が起きたのか、体には影響がなかったのか判断することが大切なのです。

たまい接骨院700

« «