館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

自動車事故で脱臼してしまうケース

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【交通事故で脱臼してしまうケース】
交通事故に遭ってしまった場合、脱臼するというのは、あまり考えにくい状況といえるかもしれません。
自動車事故に遭ってしまったりすると、どうしても瞬間的に強い衝撃が体にかかるため、骨折してしまったりするケースが多いからです。
しかし、自動車事故に遭い、転倒してしまったり、弾き飛ばされてしまったりする可能性は高く、地面とぶつかった衝撃で脱臼してしまうケースもよくあります。
特に肩の関節の様に、強い衝撃がかかると、簡単に脱臼してしまう関節もあるからです。
骨折と同様に、すぐに館林市たまい接骨院にご連絡いただくかご来院ください。
早期の処置が重要です。

【脱臼する可能性のある個所】
脱臼とは、骨と骨がつながっている関節が外れてしまうことを指します。
いろいろな個所で起きる可能性がありますが、交通事故ということで考えると、肩や肘、指といったあたりが怪我しやすい場所であるといえるでしょう。
実はあごも脱臼する場所であり、自動車事故でぶつかった瞬間に顔をうち、顎を脱臼してしまうというケースもあります。

脱臼は、一見すると怪我をしていない状況に見えることもありますので注意しなければいけません。
ほとんどの場合、関節は動きませんが、ここで無理やり入れてしまったりしないようにすることも大切です。
館林市たまい接骨院でも、簡単に関節に入れてしまったりすることもありません。
以前は確かにありましたが、現在は状況を見てゆっくりとはめなおすことが重要となってきているのです。

【車同士の自動車事故の衝撃でも】
自動車事故の中でも、車同士の衝突でも脱臼するケースはあります。
シートベルトをしていても、体はどこかにぶつかる可能性はあり、その時に脱臼してしまうのです。
それでも、シートベルトがあるおかげで、怪我は軽くなります。
交通事故での死亡事故の割合は、シートベルトで驚くほど下がりますので、必ず着用することが大切なのです。
交通事故に遭っても、起こしてしまっても、館林市たまい接骨院にご連絡ください。

たまい接骨院700

« «