館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

交通事故で起きるむち打ちとは何か

むち打ちとは一体どんな怪我なのか

【交通事故でよくある怪我】
交通事故に遭ってしまったとき、むち打ちになるといわれることがありますが、はっきりと認識している人は意外と少なかったりします。
なぜかといえば、むち打ちという言葉が先行してしまい、いったい何が起きているのかよく分からず、首が痛いといえばむち打ちであると考えてしまうからです。
もしも、異常を感じた場合には、まずは館林市たまい接骨院にご相談ください。

【むち打ちとは一体何か】
むち打ちとは一体何かということを考えると、外傷性頸部症候群と頸椎捻挫という言葉にあたります。
交通事故で、診断を受けた際にはよく聞く名前でしょう。
簡単に言えば、首を傷めた怪我であり、打ち身に捻挫、骨折、頭部外傷までが混在している状態です。
だいぶ判断しにくい部分もありますが、こうした診断を整形外科で受けた場合には、館林市たまい接骨院で施術ができます。
逆に、こうした診断を受けていなくても、館林市たまい接骨院から整形外科をご紹介し、診断を受けてもらうこともできるのです。

【できるだけ早い回復を目指すのであれば】
こうした交通事故で怪我を負うと、いろいろな症状を発してきます。
首の痛みはもちろんのこと、背中や肩に痛みを覚えたり、耳鳴りも感じたりすることがあるでしょう。
頭痛やめまいというのも、特徴的な症状であるといえます。
手足のしびれや震えなど、大きな問題になる場合もありますので、症状に注意する必要もあるのです。

交通事故に遭った瞬間には、こうした症状はほとんど見られません。
筋肉が緊張しているために、よく分からないというだけで、実は大きな怪我になっていることも少なくありません。
軽い事故だからといって甘く考えず、体にはダメージを負っているということを認識、早期の施術開始を考えることが大切です。
復帰までの時間も、いかに早く回復を目指すかによって決まりますので、あとからでいいと考えたりしないようにしましょう。

たまい接骨院700

«