館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

交通事故にあってしまったときに怖いむち打ち

院長の日記

交通事故にあってしまったとき、怖いのは死亡事故になってしまうことでしょう。
そうでなくても、むち打ちになる可能性も出てきます。

むち打ちになるということは、首にものすごい力がかかったからです。
本来は、体が衝撃を受け止めてくれますが、人間の頭は最も重い部分であり、あとから力がかかって首が鞭のようにしなってしまいます。
下手をすれば、首の筋肉が切れてしまうことだって出てくるのです。
それだけのダメージを受けることになるため、交通事故にあってしまったときには必ず施術をして、回復させることが重要となってきます。
館林たまい接骨院では、こうした筋肉の怪我に対する施術をこれまでも多数行っていますので、早い段階でご相談ください。

なぜ早い段階がいいのかといえば、むち打ちのような症状は、初期の段階では気がつかないことがあるからです。
筋肉の緊張が取れてくるころに、体に受けたダメージに気がつくようになるパターンですが、どんどんと悪化させてしまっていることが多いという問題があります。
時間がたてばたつほど、回復にも手間取ってしまうことになるため、痛みや違和感がなく手も早い段階から施術を始めるべきなのです。

整形外科でレントゲンを取っても、筋肉の怪我はわかりません。
館林たまい接骨院では、カウンセリングから状況を判断し、どんなダメージがあるのかを考えていきます。
手技と最新機材によって痛みを緩和させ、回復させていくことができますので、交通事故にあってしまったときにはご連絡ください。

たまい接骨院700

« «