館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

五郎丸選手のような怪我でもメスを入れずに回復できる可能性を

院長の日記

オーストラリアのレッズからフランスのトゥーロンへと移籍することが決まった五郎丸選手が、サンウルブズ戦で肩を怪我してしまいました。
そこまで重いものではないのではないかといわれていたものの、肩鎖関節脱臼により手術になって今シーズンはプレーできなくなってしまったのです。
どうしても方から入いるラグビーとしては、避けられない怪我ではありますが、脱臼という診断は、かなり重い状況であるといえるでしょう。

コンタクトスポーツでは起きる可能性がある怪我ですが、軽い状態は捻挫であり、亜脱臼、脱臼と診断されるようになっていきます。
今回の怪我は脱臼ですので、自然に治癒できない可能性があることから手術をすることになったのです。

こうした怪我は、軽い状況の場合には手術をしないでも回復させることができます。
整形外科では、即手術といわれることも出てきますが、まずは館林たまい接骨院にご相談いただければ、回復させることもできる可能性があるのです。
すべて回復できるわけではありません。
腱が切れてしまっているような状態の場合、館林たまい接骨院では整形外科を紹介し連携をとることもできます。
まずは手術ということではなく、メスを入れたりせずに回復させる方法を考えてみましょう。

たまい接骨院700

« «