館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

館林で交通事故にあったときの打撲を甘くみないで

院長の日記

館林たまい接骨院の周辺は、非常に多くの車が走っているでしょう。
その分だけ交通事故も少なくはなく、多くの方の施術も行っています。

交通事故というと、とかくむち打ちを心配します。
これは間違いではありませんが、体をぶつけたりすることになるため、打撲によって大きな痛みになることもあるのです。

打撲とは何かといえば、簡単に言えば打ち身であり、ぶつけた怪我といえます。
内出血で腫れることもあるのは、筋肉などにもダメージを受けるからです。
1週間程度の短期間で治ることもありますが、交通事故の衝撃により長期間苦しむことも出てきます。

怖いのは、打撲だと思っていたら、実は骨折していたりすることでしょう。
腫れが大きくなり、痛みが続いていたりするときには要注意です。
こうした状態は、自分で判断できないこともよくあります。
交通事故にあってしまったりしたときには、まずは自分で判断しないようにしてください。
非常に大きなダメージを折っていることもよくありますので、まずは館林たまい接骨院にいらっしゃってくだされば、その後の判断や指示も行うことが可能です。
レントゲンの必要がある場合には、整形外科もご紹介し手配することもできますので、できるだけ早くお越しください。

たまい接骨院700

« «