館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

野球の投球数と肩の怪我

院長の日記

プロ野球が球宴前で白熱する中、高校野球の予選も各地で行われるようになりました。
この時期になると、どれだけ投げたのかなどの話題は尽きません。
しかし、現在の野球ということを考えると、投手の肩は消耗品という考え方が一般化してきています。
その中で、阪神の藤波投手が161球投げたということも大きな話題となるのです。

野球の怪我としては、やはり肩の怪我は多いカ所といっていいでしょう。
投球動作を繰り返すと、負担が高くなってしまい、どうしても怪我をしやすくなります。
本来であれば、安静にしておくことが一番なのですが、高校野球などの場合には、どうしても投げ続けたりすることも出てくるでしょう。
そんな場合でも、一生に関わることでもあるのですから、過度な投球は避けて休ませるということが重要となるのです。

異常を感じてしまったときには、速やかに施術をスタートさせることも大切といっていいでしょう。
何もしないで回復するものではありませんので、館林のたまい接骨院にお越しください。
適切な施術を施しますし、どうしたらいいのかというアドバイスも可能です。
ソフトボールの怪我に関しても、同様のことが言えますので、おかしいと思ったらすぐにやめて館林のたまい接骨院にご相談ください。

たまい接骨院700

« «