館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

クリスチアーノ・ロナウドの気になる内側側副靭帯損傷

院長の日記

サッカーのユーロ2016がポルトガルの初優勝で終わりました。
しかし、クリスチアーノ・ロナウドの怪我は気になるところでしょう。
悲願ともいえる初優勝には、彼の存在は欠かせなかったはずなのに、わずかな時間で退場してしまったことにより、戦術変更を強いられたポルトガルが初優勝してしまうのです。
何とも皮肉なことなのであり、これもクリスチアーノ・ロナウドなんだともいえるかもしれません。
問題は彼の怪我ですが、何も報道がない以上、推測の域は出ません。
ですが、あまりいいものではないということが言われています。
左内側側副靭帯損傷といわれており、グレード1とか2とかといわれているのです。
どちらにしても断裂ということではなく、復帰はできそうですが、時間がかかるということになるでしょう。

サッカーなどで膝が当たったりすると起こすことがありますが、サッカーの動きを考えれば、回復させなければいけないポイントです。
できるだけ早く復帰するためにも、館林のたまい接骨院にお越しください。
押すだけである程度判別もつきますが、素人判断をすると危険な部分があります。
手術などしないでも館林のたまい接骨院で保存療法をとることもできますので、まずはご相談ください。

たまい接骨院700

« «