館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

脱臼とは異なる亜脱臼とは

院長の日記

焦っていて、足の小指を過度にぶつけてしまったりすることもあるでしょう。
なかなか痛みが取れないことも出てきます。
そんな時は、もしかすると、亜脱臼しているかもしれません。

あまり聞くことのない言葉なのかもしれませんが、関節から外れかかっている状態で、完全に外れているわけではない状況です。
自然に回復することもあります。
傷みが出てくることもありますし、関節の動きが不完全になってしまうことも出てくるのです。
もちろん、脱臼よりは変形も少なく、症状としても軽いことは間違いありません。
ですが、動けば痛いことも確かですので、早期に施術を開始していくことが重要となるのです。

館林たまい接骨院では、こうした亜脱臼の施術も可能となっています。
スポーツの中でもよく起こる怪我ですので、強くぶつけてしまい痛みが取れないときなどは、できるだけ早く相談してください。
接触のない体操などでも、マットに手をついたときに亜脱臼してしまうこともあります。
さまざまな状況が考えられますので、痛みが引かなかったり、違和感が抜けなかったりしたときには、まずは館林たまい接骨院にいらしていただければと思います。
手技も確かですが、最新の機材を取り揃えていますので、できるだけ早期に回復できるようにして行きましょう。

たまい接骨院700

« «