館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

辛いひざ関節の痛みと変形性膝関節症

院長の日記

ひざ関節などが大変痛みを発する変形性膝関節症という病気があります。
どうしても、こうした痛みは病気ではないと思われる人もいますが、れっきとした病気のひとつです。
通常関節の表面を軟骨が覆っていますが、この軟骨がすり減ってしまったことで、関節の感覚が狭くなり、やがて骨が直接ぶつかるようになります。
これがひざ関節の痛みにつながるわけですが、軟骨がすり減ってきているような状態では、自覚症状がほとんどないのが問題です。
自覚症状がないため、進行が進んでしまうところも問題といえるでしょう。

進行が進むと、歩行にもだんだんと負担がかかってきます。
関節炎を引き起こしつつ、曲げたり伸ばしたりする動作に痛みを感じるようになるでしょう。
間接に水がたまり始めるのも、この段階からです。
進行期に入り、骨が直接ぶつかるようになると、痛みはますます強くなります。
やがて、日常生活も送れないほどになってくるのですから問題でしょう。
当然ですが、大きな障害にもつながってくる病気です。

変形性膝関節症には、館林たまい接骨院では、保存療法をとります。
可動域を広げるようにして、関節を柔軟に動かせるようにすることで、機能回復を図るとともに、筋力の回復もできるように指導が可能です。
整形外科で手術といわれた人でも、館林たまい接骨院であれば、回避できる可能性もあります。
手術をすると、肉体的にはかなりの負担になることは間違いありません。
何でも手術がいいというわけではありませんので、お悩みの際には一度ご相談ください。

たまい接骨院700

« «