館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

前屈障害型腰痛とは一体何か

院長の日記

冬という時期的な問題で腰痛が発生することもありますが、他にもいろいろな時に感じることがあるでしょう。
良くあるパターンとして、前かがみになった瞬間に引き起こされる腰痛があります。
これを前屈障害型腰痛と呼びます。
実は、この腰痛のパターンが大半で、後ろに沿ったときに痛みが起こる後屈障害型腰痛は少数なのです。
そのため、後ろに体をそらしても、前屈障害型腰痛は痛みを発しません。
パソコンの操作を続けていたり、運動不足によって引き起こされたりすることが多く、自然と前かがみになってしまうような状態になっていることが多くみられます。
筋力の低下ということが大きな問題点である、こうした姿勢を続けてしまうと、どうしても発症するといえるでしょう。

こうした前屈障害型腰痛の対策は、ストレッチが一番です。
猫背にならないように、常にストレッチをしていくことにより、対策することができます。
館林たまい接骨院でも対処できますが、まずは体を伸ばし、一定の姿勢を続けないようにして行くことが重要でしょう。
それでも痛みが治まらないときには、館林たまい接骨院にご相談ください。
他の要因とともに施術を進めていきますので、根本的な解決を考えていきましょう。

たまい接骨院700

« «