館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

捻挫だと思ったらTFCC損傷だった

院長の日記

手首を捻挫したと思ったら、実はもっと重かったということは、館林のたまい接骨院でもよくあることです。
手首にはいろいろな骨があり、ダメージを受けていることがあります。
中でもTFCC損傷といったことは、舟状骨骨折と並んで可能性があることです。

ゴルフをする人の場合、TFCC損傷というと、名前を知っていることもあるでしょう。
良くあるケースとしては、手首から小指側に関して痛みが出るということです。
このケースでは、かなりの割合でTFCC損傷が疑われることになります。
この部分を損傷すると、クッションの役割を果たしていたものがうまく機能できなくなり、傷みを発することになるのです。
転倒した時でも起きることがありますし、ゴルフだけではなく、テニスでもなる可能性があります。
捻挫だと思っていたら実は大きなダメージになっていたという典型例でしょう。

ねじったときにダメージを感じやすいため、ドアノブをひねってみるとすぐ判別がつくでしょう。
館林たまい接骨院でも施術例がいくつもありますが、できるだけ早く開始することが大切です。
整形外科ではわからないことも出てきますので、まずは館林たまい接骨院にお越しください。
早めに施術を開始して痛みから解放しましょう。

たまい接骨院700

« «