館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

ひざの痛みはひざ変形関節症かも

院長の日記

ひざの傷みの中には、変形膝関節症という症状があります。
年齢と共の増加するところが重要で、高年齢の女性に多くみられるのが特徴です。
特に80歳からは急増し、8割以上の人に異常がみられることがわかっています。
この年代の場合、1.5倍以上女性が多いということも重要でしょう。
自覚症状としては、ひざの痛みと腫れが見られるということが挙げられます。

いろいろな研究が進められていますが、O脚であるということと肥満であるということは、ひざに悪影響を与えることがわかっており、十分に注意しなければいけません。
日本人の女性はO脚が多くなるため、多くの人が予備軍であるということを自覚しておくべきでしょう。
特にひざの内側に変形が見られることが多く、痛みも出てきますので、何かおかしいと感じたら、すぐにでも館林たまい接骨院にお越しください。

館林たまい接骨院では、保存療法をとることができます。
手術をすると、年代的にもダメージが大きくなってしまうでしょう。
整形外科で手術といわれたときでも、一度お越しいただければ対処できる場合もあります。
どんなケースでも保存療法が適しているわけではありませんが、体にダメージを残さないように痛みと向き合うことができますので、一度お越しください。

たまい接骨院700

« «