館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

加齢が原因に多い指にも起きる変形関節症

院長の日記

年齢とともに指の痛みが気になるということは、館林たまい接骨院でもよく見られることです。
この時に、ひとつ原因として考えられるのが、変形性関節症です。
加齢が原因のひとつとしてありますが、関節の軟骨がすり減ってしまうことが原因としてあります。
こうなると、指が曲がってしまったりすることになるため、痛みが出てくるようになるのです。
関節が腫れたりするのも、この変形性関節症のひとつですが、関節リュウマチにも似ているため、マチがってしまうこともあるでしょう、
ですが、免疫機能が原因ではありませんので、まったく違うものです。

この変形関節症にもいろいろなものがあり、起きる場所や痛みによっても違いがあります。
ひどい場合には、日常生活にも支障が出ることもあるのですから、早期の対応が必要になるでしょう。

変形関節症の場合、関節は元には戻りません。
軟骨がすり減ってしまっているからですが、痛みをやわらげ進行を止めるということが重要です。
整形外科では、シップや軟膏といったことしか対応できないのも、原因を止められないからといえるでしょう。

館林たまい接骨院では、痛みに対応できるだけの手技と機材があります。
辛い痛みを緩和させ、少しでも影響を抑えていくことができますので、おかしいと思ったら早期のご相談ください。

たまい接骨院700

« «