館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

交差点でなぜ交通事故が多いのか

院長の日記

交通量の多い館林

たまい接骨院のある館林は、とにかく車の交通量が多いと感じるでしょう。
車社会といってもいいほどで、さまざまな場所に走ってきます。
産業的にトラックも多く、ダンプカーをはじめとした工事車両も多数見かけることができるでしょう。
交通機関が発達するということはいいこととしても、やはり危険が多数潜んでいるということを考えていかなければいけません。
たまい接骨院のある館林では、大きな事故も起きています。
車を運転する人でも、普段自転車に乗ったり歩いたりする人でも、いったいどんなところで事故が起きるのかを考えてみることが必要です。
なぜかといえば、危険を予測ということを考えなければいけません。
安全ということを考えれば、どこに危険が潜んでいるのかということ知ることが重要になることを理解しなければいけないということです。

交通事故が非常に起きやすい場所として、交差点があることは間違いありません。
館林たまい接骨院の近くである新宿の交差点は自己が起きやすいことでも有名です。
他にもいくつも危険な場所があるでしょう。
速度が出やすい場所でもあり、見通しもいまひとつ利きません。
こうした場所は危険性が高いことで認識できますが、事故が起きやすいということでは、どこでも必ず原因があります。
なにも大辻だから事故が起きやすいわけではないということです。

新宿の交差点でも当てはまっていますが、速度が出やすいところは確実に危険であると考えなければいけません。
さらに、左右からの見通しが悪く交差点に近づくまで判断が付きにくいということもあるでしょう。
歩行者や自転車が迫ってきても、どの方向からも資格ができてしまいます。
直線的な十字路ではないということも問題といえるでしょう。
ほんの少しの判断ミスがあれば、すぐに大きな事故になってしまう要因がそろっているといえます。

事故の可能性が高い交差点

交差点で事故が起きやすい理由はほかにもあります。
例えば、信号が設置されていないということもありますが、広いところでは右折レーンなどがあったりすることもあるでしょう。
それでも事故は起きてしまうのです。
そこで、さまざまな要因と併せ考えていくことが必要になっていきます。
例えば、信号の色ということがあるでしょう。
見通しのいいところでは、はっきりと視認することができるはずです。
ところが、事故が起きてしまうということを考えなければいけないでしょう。
これは、たまい接骨院のある館林でも十分に起こりうることです。

信号の中でも、黄色の解釈ということが挙げられます。
信号が黄色になった瞬間、いったいどういった行動をとるのかということになりますが、たまい接骨院のある館林でもよく見かけるのは加速するということでしょう。
本来はこうした運転は危険です。
すでに交差点に進入するべきではなく、停止して安全を確保するべきでしょう。
加速するということは、危険性が増すことになるのはだれにでもわかることであり、ドライバーでわからない人は運転するべきではありません。
止まれずに交差点内で停車してしまうような事態以外は停止線で停車するべきです。
これだけでも、交差点内の事故は大幅に減らすことができるでしょう。
本来止まるはずの車が侵入すること自体が事故につながるのですから、当然事故も減ります。

運転中のストレスということも重要です。
運転していれば、さまざまな心理要因が重なり、ストレスもたまります。
例えば、夕方の時間になってしまえば、視界が狭くなりどうしてもストレスがかかります。
だんだんと疲れも出てくるようになるでしょう。
そうなると、運転に対してストレスが生まれ始めてしまい、注意が散漫になることもあります。
もちろん、休むなり、その時間にならないように運転する成りすることが一番です。
ですが、そうはいかないこともあるのですから、普段以上に安全運転に留意することになるでしょう。
負担がかかっているのにも関わらず、スピードを出すなどというのは論外であるということです。

心理的にも事故がおきる

知らないところで事故を起こしてしまうという可能性もあります。
館林たまい接骨院周辺でも、知らない道がある人もいるでしょう。
知っている道でも交通事故が起きる可能性は当然あります。
ですが、知らないということは、その道がどんな特性を持っており、どこに見えないところがあるのかを知ることができないでしょう。
そういったところでスピードを出せばどうなるかは、だれにでもわかることです。
もしかしたら、若干の勾配がついており、思っているよりも速度が出るかもしれません。
交差点と思っていたら、その手前に脇道があり、見えないだけかもしれないのです。
その状況を理解することができなければ、当然事故の確立は上がることになるでしょう。
そうならないようにするためには、注意するだけではなく、物理的に速度を出さないようにするのが一番です。

人間の心理的要素に関わる事故もあります。
人間の脳が検知できる限界を超えてしまうような場合です。
ほとんど車が走っていないようなところから、交通量の多い所に出た瞬間に脳が識別できなくなるようなことが出てきます。
こうなると、優先順位に対する混乱が生じるようになり、反応が遅れてしまうことが出てくるため、十分に注意していかなければいけません。
特に歩行者などに目がいきにくくなるため、事故を起こしてしまう要因になりやすいでしょう。
たまい接骨院のある館林でも、こういった条件がいろいろとあるはずです。
5号道路や122号といった環境に対しての脇道は、こうした条件となるでしょう。
非常に事故が起きやすい環境にありますし、起きれば大きな事故につながります。
余裕を持っていれば回避できることでもありますので、普段から気をつけておくことが必要です。

一瞬の注意が事故から守る

実際に車がぶつかるというのは、すさまじい力がかかります。
人がぶつかっただけでも、大きな力がかかるのはわかるでしょう。
例えば、力を入れていないときに、だれかにぶつかったとします。
速度からすれば、わずか数km/hとなるでしょう。
体重も70kgだとしても、とても大きな力がかかります。
これがどんなに軽くても1t近くある車がぶつかることを考えなければいけません。
仮に40km/hでぶつかったとしても、どれだけ大きな衝撃になるか、だれでもわかることでしょう。
追突事故などでは、この衝撃を首に受けたりすることになります。
どうしてむち打ち症になるのかということを考えた時に、大きな衝撃がかかっていることがこれでわかることでしょう。
館林たまい接骨院では、最新機材で対応もしていくことができますが、これも怪我というレベルであればです。
これを超えてしまえば、処置できないような事故になることもあるのですから、自己には十分に注意が必要だといえるでしょう。

注意一秒怪我一生という言葉がありますが、一瞬の事故がすべてを台無しにしてしまうことも出てきます。
わずかでもスピードを落としておけばと思っても、事故を起こしてからでは意味がありません。
館林たまい接骨院で対処できるレベルで済めば、まだいいほうです。
だからこそ、できるだけ早く処置をするということも考えていかなければいけません。
事故を起こした時も巻き込まれたときも、できるだけ早く対処していきましょう。
それが一番の対策だからです。

たまい接骨院700

« «