館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

日本人の大半が悩む腰痛の問題

院長の日記

クーラーで出てくる腰痛とは

この時期になると、腰が痛いということが起きてきます。
暖かい日が続き、今日のように寒い日になってくると、突然襲ってくるという人も多いでしょう。
館林たまい接骨院にも大勢いらっしゃります。
その原因のひとつとしてクーラーがあることは間違いありません。
ですが、なぜクーラーが問題なのか、その理由から考えていかなければいけないでしょう。

クーラーが問題になるのは、単純なことですが体が冷えるからです。
暑いのですから、体を冷やせばいいと思うのは当然でしょう。
しかし、体は冷え続けることに耐えられるというわけではありません。
特に必要以上に冷やしてしまうというのが問題点です。
体が冷えてしまうことになると、血行が悪化してしまうことになるでしょう。
全身の血行が悪化するようになると、疲労は回復できなくなり、全身をめぐり溜まりやすいところに行くことになります。
そのひとつが腰であり、大きな問題になってきます。

実際に仕事をしているときなどは、座っていることが多いでしょう。
どうしても、腰に負担がかかる時間が長くなってしまいます。
これは、冷房がかかっているいない関わらず負担はかかっているということです。
これがだんだんと積み重なっていき、秋になってくると吹出してくることになるのが、この時期の腰痛といえます。

こうした辛い腰痛対策としては、できるだけ温めておくということが重要です。
腰周りを冷やさないようにしておくだけでも、効果をあげることができますので、ブランケットのようなものをまいておくといいでしょう。
なぜこれが効果をあげるのかといえば、温めることで筋肉の緊張が取れるようになり、血行を回復させることができるからです。
体を冷やさないようにするということで、温かいものを飲むというのも対策になります。
体の中を冷やせば、当然のことですが、周辺にある筋肉も冷えて血行が下がるため、腰痛の原因を作り出してしまうことになるからです。
たまい接骨院のある館林でも、これから冷え込んでくることを考えると、温かいものを飲んでいくというのは、そこまで辛いことでもないでしょう。

腰痛は温めるか冷やすのか

腰痛ということでは、多数の方が館林たまい接骨院にいらっしゃいます。
実は日本の国民病とも呼ばれているのが腰痛だからです。
その総数は2,800万人ともいわれるほどで、驚くほど多数の人がつらい思いをしているといえるでしょう。
簡単に治るものではないということも、多くの人が悩んでいるポイントです。
いろいろと対策が講じられているかもしれませんが、正確に考えていかなければ、回復はしないと考えていかなければいけません。
そのためにも、痛みが出たら、すぐに館林たまい接骨院にご相談ください。

腰痛の種類ということでは、クーラーによるような痛みだけではありません。
痛みの総称として使われますが、内容はばらばらであるということを忘れてはいけないでしょう。
症状などでも違いますし、当然期間も変わってきます。
ぎっくり腰では、急性期にはまず冷やさなければいけませんし、慢性化してきた場合には温めることが必要です。
どちらの対応が正しいのかといえば、熱を出しているのであれば冷やす、冷えているのであれば暖めなければいけません。
クーラーで冷やしたのであれば、温めていくことが重要であるといえるでしょう。

辛い椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアも、辛い腰痛のひとつです。
さまざまな原因が存在し、問題が多岐にわたることも少なくありません。
腰椎椎間板が、正しい位置からずれてしまい、神経を圧迫することによって発症するところが問題ですが、実は腰痛の原因にならないこともあります。
神経を圧迫していることが椎間板ヘルニアではなく、腰椎椎間板がずれていることが原因だからです。
そのため、強い症状が出ないこともありますが、実はその周囲の筋肉が炎症を起こす筋膜性腰痛であるということも出てきます。

発症には遺伝子要因や加齢といった問題がありますが、環境が問題になっているということも重要です。
例えば、ずっとデスクワークを続けるというような状況は、姿勢を崩してしまい、筋肉のバランスを崩したことで椎間板ヘルニアを引き起こすということが出てきます。
筋肉のバランスが崩れていたりすることもありますし、座り方によって負担がかかっていることも考えられるため、その部分を改善していかなければいけません。
館林たまい接骨院でのアプローチということも、こうした面から考えていくことになります。
だからこそ、見た目だけで判断することはできず、日常生活の中で何が起きているのか、ヒアリングをしていかなければいけないといえるでしょう。

腰椎分離症と腰椎すべり症

スポーツをしている場合には、腰椎分離症もあります。
よくわからないけど腰が痛いといったことが多い中で、中高生などでスポーツをしている場合に起こりやすいかたちです。
成長期に多いことがわかっており、原因もはっきりしていますが、まだ若い年代では腰痛自体の認識が遅れてしまうため、発見できずに対処が遅れることがあります。
そのため、異変を認識した場合には、できるだけ早く対応することが重要です。

基本としてあるのは、オーバーユースということになるのが特徴といえます。
高齢になると、椎間板や靭帯の劣化ということも原因となることも重要でしょう。
腰椎の椎弓根部で起きる腰痛で、本来連続性を維持していなければいけない部分が分離してしまったことで痛みを起こします。
もっと端的に表現した場合には、骨折していると考えてもいいでしょう。
旋回や前屈、後屈を良くおこなうスポーツで起きやすい特徴もあります。
野球やゴルフはよく知られているところですが、バスケットボールやバレーボールでも起きている例があり、柔道のようなコンタクトスポーツでもみられることがあります。
非常に多くのスポーツで見られる症状ですが、筋力の低さが原因になっていることが多いともいえるでしょう。
衝撃で起きるのではなく、負担をかけた動作を繰り返したことが問題のため、休息をとりながらケアをすることで予防ができます。

安静にすることが一番であり、館林たまい接骨院で筋肉のケアもしていくことが早期回復を目指す方法です。
年齢的にすぐに動きたくなるかもしれませんが、そうなると再発する可能性が高まります。
大人が面倒見てあげなければいけない問題でもあり、筋力の強化とともにできるだけ負担がかからない状態を作り出してあげなければいけないといえるでしょう。
リハビリも重要になってきますので、館林たまい接骨院にご相談ください。
悪化させてしまうと、腰椎すべり症になってしまい、さらに重症化する可能性があるからです。

腰椎すべり症とは、腰椎分離症から骨が滑ってずれてしまうことが原因です。
腰痛はさらに激化し、激痛が出るようになります。
血管や神経の圧迫が見られるようになり、手足にしびれも発症することになるため、早期の対策をしていかなければいけません。
姿勢の崩れなども原因となってきますが、リスクを上昇させないように工夫することはいくらでもできるでしょう。
怖いのは、一生抱えるかもしれないということです。
早めに対処することによって対策も講じられますので、館林たまい接骨院にご相談いただき、無理をしないようにして回復させていかなければいけません。
実際に手術をするという例もありますが、大半は保存療法で対応することができます。
体全体で見ていかなければいけないため、早めに対応を始めていきましょう。

入浴や軽いジョギングも

さまざまな腰痛がありますが、日常からケアをしていくことが大切です。
筋肉の問題が多くみられることから、入浴をするというのもいいでしょう。
血行改善を考えることができるため、湯船に入って体を温めるというのは、効果的な対処となってきます。
ですが、長い時間はいると、体に負担をかけてしまうため、半身浴をするといいでしょう。
シャワーで済ませてしまうという人の中で、腰痛に悩まされているのであれば試してみるだけでも効果をあげられることがあります。

有酸素運動も効果をあげるため、軽いジョギングをするというのも腰痛改善に一役買ってくれる方法です。
ただし、腰痛の状態によっては逆効果になるため、館林たまい接骨院で診断を受けた後に考えると間違いはありません。
ウォーキングだけでも効果をあげられるため、無理をしないで対応していきましょう。

たまい接骨院700

«