館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

いろいろな原因がある首の痛み

院長の日記

日常的に出てきやすい首の痛み

日常的な問題として、首が痛いということはありえることでしょう。
長く痛みが続いているという人は、すぐに館林のたまい接骨院お越しいただきたいところではありますが、どんなことが問題になるのかということから考えていかなければいけません。
肩こりが問題だと思ったら、実はもっと大きな原因が隠れていることもあるからです。
早めに施術をしていくことが一番ですが、市販のシップを貼っていればいいといった甘い考えは、早々にやめた方が確実といえるでしょう。

多くの原因が存在し、かなり危ないものまであります。
館林たまい接骨院で施術できないものまで存在することを考えておくことも重要です。
一般的な考え方からいけば、肩こりなどを原因とする場合、筋肉量が少ないほうが症状は出ます。
人間の頭部は、体全体から見て最も重い部分であり、それを支える首の痛みは、相当なものであることがわかるでしょう。
側面の筋から傷みが出るようになり、頭の付け根に広がっていくのは当然です。
疲労ということも含めて考えていけば、長時間同じ姿勢でい続けるような人のほうが症状はひどくなると考えるべきといえます。

PCによるデスクワークは、職業病といえるようなレベルです。
これは、避けられない部分もありますが、スマートフォンの使用による問題は、避けることができるでしょう。
眼精疲労や腕の疲れでも発生してくることになるため、体全体にダメージが出るようになります。
仕事中の場合には、できるだけ席を立つような機会を作り動くだけでも違いますし、筋肉を緩めるようにしていくことが、対策として重要になってくるでしょう。

こうした症状を抱えたままでは、仕事に支障が出てくることになります。
対応することが難しいだけではなく、辛い痛みを抱えているときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。

ヘルニアや狭窄症などの原因がある

館林たまい接骨院で施術することが適切な原因があります。
首の痛みといっても、非常にいろいろな症状が見られますが、首の骨に原因があるようなときには、特に早い段階で館林たまい接骨院で施術していくことが重要です。
そのひとつとして、頸椎椎間板ヘルニアがあげられます。
頸椎以外にも存在しますが、骨と骨の間には、椎間板と呼ばれるクッションが存在していることが重要です。
この軟骨部分がつぶれてしまうだけではなく、内容物が外に出てしまうような状態が椎間板ヘルニアと呼ばれる状態であり、痛みが出てくることが多くみられます。
他にも胸椎や腰椎でも起きる可能性があり、その場所によって呼び名が異なりますが、基本的な問題点は同じです。

ヘルニアになってしまって首の痛みが出るようなときは、起き上がれないほどの痛みが出てくることさえあります。
椎間板が神経を圧迫するということになるため、手足などにしびれが出てしまい、辛い症状になることもあるのは要注意です。

脊柱管狭窄症も同じように首の痛みが発するようになる病気といえます。
首だけではなく、背骨や椎間板、関節や靭帯などに神経が通る脊柱管がありまますが、これが何らかの原因によって狭くなるのが狭窄症です。
神経を圧迫することになるのですから、当然しびれなどが出てきます。
首の痛みだけではなく、他の部分にも発生することがあるため、気を抜くことはできません。

狭窄症とは少々違いがありますが、年齢とともに変形してしまうのが変形性頚椎症です。
首の痛みになりやすいものであり、さまざまな部分に痛みが出てくることがあります。
肩の凝りがおかしいと思っていたら、実は神経を圧迫している状態であるということも出てくるのが問題点です。
加齢が原因だとしても、痛みが出ることには変わりがありません。
特に背部痛がひどい場合には、変形性頚椎症の疑いがかかるといえるでしょう。
個人差があるため、何歳になったら現れるのかといったことも決まりがあるわけではありませんが、椎間関節や筋肉などの組織に問題があることもあります。
痛みに気が付いたら、とにかく早い段階で館林のたまい接骨院にお越しください。
施術を早めに開始することができれば、それだけ楽にすることができます。

女子に多く見られる側弯症

首の痛みを生じてしまう原因のひとつとして、側弯症もあります。
館林たまい接骨院でも見られることですが、原因がよくわからないといったことが8割にも及ぶのが特徴です。
先天性の場合もありますが、ほとんどは突発性側弯症といえます。
これが問題で、神経系に異常を発してしまうことになり、首の痛みを訴えることも原因のひとつです。

館林たまい接骨院でも、女子の場合がとても多く、男子の5倍以上にもなりますが、まったく起こらないというわけではないということが重要といえます。
女子といういい方でもわかる通り、後発年齢は思春期であることが多いのも特徴です。
小学生から中学生の時に多く見られます。
他の年代でも見られることがありますが、圧倒的に多いと考えて間違いありません。
問題は、予防するのが難しいということです。
何が原因で発症するのかもわかっておらず、痛みが出て気が付くということも少なくありません。

鞄などの持ち方で変形するということも考えられていましたが、専門領域から見た場合にはほとんど関係がないといえます。
日常生活の姿勢も気にすることは重要ですが、これで予防することができるわけではなく、進行を防ぐことができる程度です。
カルシウムも対策にはなりますが、これで直ったりすることはありません。
それよりも、できるだけ早い段階で館林たまい接骨院にご来院ください。
施術を通して対策をしていくことが、首の痛みだけではなく、側弯症の対策にもなってくるからです。

むち打ち症による首の痛み

首の痛みがあとから現れてくる場合、むち打ち症ということもあります。
交通事故によってなることが多いのがむち打ち症です。
事故の衝撃によって、体が先に動き出し、そのあとに首から上の頭部がむちのようにしなりながらついてくるというのがそのプロセスになります。
首が支えていれば問題はありませんが、強い衝撃には耐えることができません。
その上、加速度的な動きを見せることになり、強い衝撃を首に与えてしまいます。
この時に、頸椎を挫傷してしまうことによって引き起こされるのがむち打ち症です。

むち打ち症ということは、強い衝撃が必要になることからも、館林たまい接骨院で辛い症状を訴える方が多い特徴を持っています。
ところが、事故当日などにはそんな症状を感じなくてもあとから出てくることも少なくありません。
館林たまい接骨院の実際の症例としても、多いのはなぜかということを考えておくことが必要です。

人間の筋肉は、強い衝撃に耐えようとすると、収縮させて対抗しようとします。
体を守るためですが、これでダメージを減らそうとするところが重要です。
もちろん、ダメージを受けてしまうことには変わりはなく、その時には痛みを感じないことが出てきます。
これが、時間とともに緩んでいき、あとからダメージを感じるようになるというのが、ひとつのプロセスとなっているところがポイントです。
つまり、事故が起きた時には、ダメージを受けていてもわからず、あとから出てくることがあるということになります。

もうひとつの考え方として、緊張も外せないポイントです。
事故が起きた瞬間には、体は必ず緊張しているでしょう。
この時にも、筋肉は収縮し、さまざまなストレスから耐えられるように身構えます。
外敵にもいろいろなストレスがかかってくることになりますが、これから耐えられるようにしていくことで守る防衛本能といえるでしょう。
時間とともに緩くなっていき、通常と同じ状態に戻っていきますが、体はダメージを受けていることには違いがありません。
緊張が解けていくとともに、全身に痛みを感じたりするのも、こうした防衛本能による部分です。
首へのダメージに関しても、時間とともに緩くなっていき、感じるようになるため、数日後に痛みが出てくることがあります。

重要なことは、交通事故にあったら、速やかに施術を開始するということです。
ダメージを受けていることには変わりがなく、それが時間とともにわかってくるということだけですので、時間をあけるのは危険といえます。
さらに、保険などの問題も出てくるでしょう。
あとから本当に痛みを訴えても、それが問題になることが出てきます。
整形外科では、診断が下せないことも出てきますので、早期に館林たまい接骨院にお越しください。

たまい接骨院700

« «