館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

寒くなると辛くなってくる肩の痛みの正体は

院長の日記

寒さと肩の痛みの関係

11月を前にして、とても冷え込んできました。
館林たまい接骨院でも、びっくりするほどの気温になっていることがあります。
先日の台風が熱帯低気圧になりながらも発達したことが、極端な冬型を招いたということになりますが、ちょっと冷えすぎです。
こうなると、館林たまい接骨院でも、肩の痛みを訴える方が増えてきます。
風邪などに気をつけるだけではなく、こうした肩の痛みということも、寒さに関係してくるからです。
肩こりがひどいと思われる方は、よく考えておかなければいけません。

大きく分けると、原因は2つに絞られることが見えてきます。
もちろん、外傷を受ける怪我は別として考えていきますが、だれもがわかるところに行きつくはずです。
そのひとつが、血行不良にあります。
寒くなってきたのを感じるはずですが、ここに問題があることを見逃してはいけません。
肩や首には、さまざまな筋肉があり、血管が通って酸素や栄養を運んでいきます。
冷えてくると、筋肉は緊張して耐えようとしますが、この時に血管も圧迫されることになり、血行が悪くなるのが問題です。
そうなると、酸素もいき届きにくくなりますし、血液によって温められるようなこともありません。
さらに悪いことに、筋肉で作られる疲労物質も運び出せなくなります。
そうなると、筋肉はうまく動けなくなり、だるさも感じるようになるでしょう。
これが、神経も圧迫することになり、痛みも起こしてくるようになります。
首筋まで広い筋肉が走っていますが、だんだんと吐き気なども生じるようになり、頭痛を併発するなど、辛い痛みを引き起こす原因です。
館林たまい接骨院でもよく見られるケースであり、この寒さの中で冷やしたりすれば、必然的に起きるでしょう。

人間の体の中でも頭部は最も重い部分です。
当然のことながら、その重みを支えなければならない以上、冷えてしまえば辛い肩こりにつながっていきます。
それだけの筋肉が動いているのですから、冷えないように考えることが必要です。

洋服の着方を考えてみる

もうひとつの原因も、寒さに関係してきます。
それが、寒さによって縮こまるということです。
館林たまい接骨院の周辺でも、かなり寒くなってきました。
そうなると、体は自分自身を守るため、体を小さくして防御しようとします。
これが自然な反応ですが、縮こまって筋肉を収縮させ、震わすことで熱を出そうとするのですから、やはり血行が悪化してしまうことがわかるでしょう。
当然ですが、酸素もいきわたりませんし、疲労物質も流れにくくなります。
強度に緊張させ続けるということは、それだけ肩こりを誘発させる原因です。

同じ態勢を続けるということも、同じような原因になると考えられます。
負担をかけるということでは、重いものを持ち続けたりすることも肩こりを引き起こす原因です。
もちろんですが、冷房によって冷やすことでも起きるため、夏場でも同じようなことが原因となってしまいます。
この時期になれば、たまい接骨院のある館林は風も吹きますし、体を冷やさないような恰好をして悪化しないような対策をすることが、型の痛みを軽減できるともいえるでしょう。

ただし、ここで考えなければいけないのは、服の重みも肩にかかるということです。
そうなれば負担が増えることになりますし、猫背になってしまうことも出てくるでしょう。
体がうまく動かなくなってくるため、当然負担がかかります。
ストレスもかかるようになり、肩こりが加速してしまうということになるでしょう。
冷えないようにするということが、その分の負担になってしまうことも出てくるため、防寒対策はするとしても、血行が悪くならないような配慮が必要です。

つまり、無駄な重ね着は逆効果になってしまいますので、適切な方法を考えていかなければいけません。
インナーは、速乾性と保温性を考えた機能性インナーがいいでしょう。
ただし、こうしたインナーは汗を吸って蒸れなくすることがポイントになってくるため、フィットした物を選ばなければいけません。
次の中間着は、隙間をつくることが重要です。
この空間が暖かな空気を作り出すため、セーターなどが有効でしょう。
フリースも軽くて向いています。

上着は外気の温度を遮断するということが重要です。
枚数を重ねれば効果をあげるというわけではありませんので、ダウンジャケットなどが軽量で効果的です。
ニットやフリース素材もあったかいように見えますが、風を通すことになるため、せっかくの温まった空気を逃がしてしまいますので、注意しなければいけません。
実際に重い上着を着ることによって、肩に負担をかけてしまうことになりますので、できるだけ軽い素材を選ぶことがポイントです。

ストレッチやお風呂で予防と回復

肩の痛みということでは、館林たまい接骨院で施術することで対応できます。
ですが、普段からストレッチをするということで予防することも重要です。
単純なところでは、姿勢が悪化してしまわないように、座ったままの状態から立ち上がるということが基本となるでしょう。
意識して立ち上がり、背筋を伸ばすというだけでも、体が動くことになるため熱を生み出します。
これだけでも、体温が上がり血行も回復します。
ストレスの発散ということでも、効果をあげることができるでしょう。
なかなか立ち上がることができないという人でも、椅子の上で伸びをするだけで違います。
これだけでも肩の痛みの予防になるのですから、繰り返していくべきです。

お風呂で体を暖めるということも大切な方法といえます。
暖かい湯船につかれば、それだけで血管は拡張し血行が回復していき、リラックスもできるでしょう。
ストレス発散にもつながり、肩こりの防止にも役立ちます。
炭酸ガスを使った入浴剤も肩にはメリットがあり、湯の温度が高く感じるはずです。
これが炭酸ガスの持っている力ですので、肩こりがつらいというときにも使ってみるといいでしょう。

こうしたことで普段から対応していくことができます。
それでも、辛い痛みが出てしまうこともあるでしょう。
そんな時には、最新機材のそろっている館林たまい接骨院へいらしてください。
鍼灸での対応も肩の痛みの回復には役立ちますので、早めに施術を始めていきましょう。

たまい接骨院700

«