館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

怖い雪の中の運転と事故に備える

院長の日記

雪の中の運転は危険

館林たまい接骨院でも、交通事故案件は多数取り扱っています。
大きな怪我になりやすいこともあるのが交通事故です。
状況によっては、死亡事故になってしまうような危険もあるのは、理解しておかなければいけないところでしょう。
週末に雪が降りそうですが、この状況の中で車を運転するのは、大変危険を伴います。
さらに、週末の雪は、朝の通勤時間などを直撃する危険性もあり、車で移動していることも出てくるでしょう。
多くのことに注意をしながら、安全運転をしていかなければいけません。

とにかく、むやみやたらにフットブレーキを掛けるのは危険です。
減速するのにブレーキを踏むことが先に出てしまうのが、AT車の問題点でもありますが、エンジンブレーキで減速して、速度の1割はブレーキにするといった程度で運転するのがコツになります。
なかなかできない人もいますが、ATでもギアを下げれば、当然速度が落ちるため、減速できるようになるでしょう。
もしも、こうした運転を理解できない場合には、運転自体は控えてしまったほうがいいでしょう。
事故を起こせば、大怪我をさせてしまう場合も出てきます。
自分たちが怪我をするだけではありませんので、運転をしないことも大きな選択です。

車間距離は、いつもの2倍から3倍を目安にします。
安全に止まるためには、これぐらいの距離が必要です。
雪の中で運転になれている人は、安全のための距離を確保します。
ところが、たまい接骨院のある館林では、あまり慣れている人はいません。
さらに、普段から車間距離が少なく前走車との距離が近いことをよく見かけます。
雪の中では非常に危険ですので、必ず距離を離さなければいけません。
これでも、視界が悪くなったときには安全とは言えないでしょう。
安全の確保は、ドライバーの責務ですので、確実に安全な距離をとる必要があります。
特に後方からぶつかってしまうと、むち打ちといった怪我を負うことが増えるでしょう。
館林たまい接骨院でも、よく起きているケースです。
怪我も長引きやすくなるため、十分な安全確保をしてください。

雪の中で増える交通事故

車の事故はさまざまな場面で起きてしまいます。
その中で、雪の中で起きる交通事故のケースとしてブラインドの右カーブの危険性も考えておかなければいけないでしょう。
右カーブは、車のピラーが視界にかぶり、どうしても見にくくなる場合が出てきます。
さらに、ブラインドになっていると、曲がった先に車がいるかどうかもわかりません。
相手の車線をまたぐようになるため、対向車が減速できるかどうかも判断できないでしょう。
この状況は非常に危険につながるため、ブラインドであっても可能な限り、情報が得られるようにしなければいけません。
もしも、対向車がきて止まれないような状況が起きても、避けられるような速度での運転も必要でしょう。
安全確保ができるようにならなければ、行かない選択も重要です。
お互いにぶつかりやすい状況であるため、ぶつかれば大きな怪我になりやすい状況ともいえます。
館林たまい接骨院でも、正面衝突するような交通事故は、大変大きな怪我をしている状況です。
特に止まれないのですから、避けようがない状況もできあがるでしょう。

ブレーキを踏まなければいけない状況にもなりますが、急なブレーキを掛けるぐらいであれば、ハンドルを切らない選択も必要です。
ハンドルを切っているときに急ブレーキをかけたらどうなるのか、ハンドルを握っている人は理解しておかなければいけません。
教習所でも習いますが、遠心力が働いている状況でブレーキを掛けると、車は安定性を失います。
雪のような路面状況の中では、車は簡単にスピンしてしまうでしょう。
コントロールを失った車は、どこにいくかもわかりません。
雪のような路面でコントロールを失えば、プロドライバーでも立て直せない状況です。
もしも、歩いている人でもいれば、大怪我では済まなくなってしまいます。
ハンドルを切る状況の前に、確実に減速しておく必要を考えていきましょう。
雪の中は、非常に危険だという認識を持てば、理解できるはずです。

雪の中の走行方法として、出来上がったわだちを走る方法があります。
わだちを走るとタイヤをとられると思うかもしれませんが、これがメリットです。
まっすぐ走っている分には、そのわだちが直進性を高めます。
曲がりたいときには、先にわだちから抜け出しておけばいいでしょう。
ハンドルはしっかりと握り、抵抗に負けないように走るところがポイントです。

車の種類と走りかた

館林たまい接骨院でも、自分の車を理解しておらず、交通事故につながっているような例があります。
車にはそれぞれ性能があり、性格があるでしょう。
雪の中では、さらに影響が出てきます。

たまい接骨院のある館林でも、走っている車の多くはFF車です。
構造的な問題もありますが、直進性を高めやすいところがポイントになります。
前輪が駆動して車を引っ張っているためですが、問題は曲がりにくい特性があるところでしょう。
雪の中でも、前輪が引っ張るため、あまりふらつきにくい車だけに速度を出す人も多く見かけますが、できるだけ安全に走るようにしなければいけません。

FRは、今では少なくなってきた駆動方法で、スポーツカーには今でもみられます。
フロントエンジン後輪駆動の意味ですが、後ろから車をおすため、雪の中ではアクセルを踏むだけで回転するのが問題です。
ハンドルを切っていれば、さらに回転します。
ですが、ブレーキを踏んだら、さらに開店することになるため、急激な運転は絶対に禁止です。
のぼりの時に強くアクセルを踏んだりすれば、すぐに制御不能となるでしょう。
館林たまい接骨院の近くにあるアンダーパスでよく見かけますが、もう上がれなくなる場合もあるため、十分注意していかなければいけません。

悪路に強いのが4WDです。
たまい接骨院のある館林では、そこまで多く走っていません。
燃費が悪いからですが、雪の中では強みを発揮します。
直線で強い駆動方法ですが、曲がるときには癖が出てくるのが問題です。
どんな時でも強いと勘違いする人もいますが、フルタイムとパートタイムで全く性格が異なるところも知らなければいけないでしょう。
現在の4WDは、ほとんどがフルタイムであり、滑りだしてしまうと止まりません。
制御不能になりやすいため、安全な状況を直線で作ることが重要です。

道路の状況と走りかた

車の走り方として考えなければいけないのは、下り坂はとにかくゆっくり走ることでしょう。
下りでブレーキをかければ、当然制御を失います。
速度が出やすいだけではありません。
車は下り坂では重力の影響を受けていることを考えるべきでしょう。
その中で、ブレーキを掛けるのは大変危険ですので、下り坂に入る前に減速をするとともに、エンジンブレーキを使って速度が出ないように下らなければいけません。

上り坂では、多少アクセルを踏んでも安全に登れます。
しかし、タイヤが路面をとらえていない状況では、空回りするだけで、危険性を高めることになるでしょう。
多少の勢いをつけても何とかなりますが、問題は車の種類によって動きが異なる点です。
FFは、上り坂大変弱くなります。
前輪が引っ張りますが、タイヤに力がかかっているのは、駆動していない後輪だからです。
速度を落とさないように走り抜けてしまうのが一番ですので、事前に車間を取り、信号の変化も先に考えて走るのがポイントになります。
上り坂で止まってしまうのが一番危険と覚えておきましょう。
これはFRでもあまり変わりません。

カーブは、とにかく手前で減速です。
ブレーキを踏めば、車は制御できません。
車が進みたい方向に向くまで、無理にアクセルを開けるのも危険です。
低速でブレーキもアクセルも掛けずに曲がれるのが理想ですので、とにかく減速しましょう。
十字路など交差点の時も同様です。
止まれなければ危険性が高まるため、減速しておく必要があります。
たまい接骨院のある館林でも、交差点は大きな交通事故が起きるでしょう。
新宿の交差点のように、大きな交通事故が起きやすい、視界の悪い交差点もあります。
危険ですので、必ず止まれる速度で走るようにしなければいけません。

たまい接骨院のある館林でも、いくつか跨線橋や跨道橋がありますが、凍結しやすい環境です。
遮るものがなく、風が路面を冷やします。
数日は寒波の影響も受けるため、凍結するものと考え走る必要があるでしょう。

雪の中ではスタッドレスで

なれている人の少ない、たまい接骨院のある館林では、雪の状況によって走り方を変えることは、あまり意識していないかもしれません。
ところが、新雪と圧雪、アイスバーンでは、走り方が異なります。
新雪は、道路の状況を隠してしまうのが問題です。
危険も多く隠してしまいますので、普段何がある場所かを思い出す必要があります。
縁石や側溝に落ちるケースも新雪です。

圧雪は、スタッドレスタイヤなら安全に走れる路面といえます。
踏み固められているからですが、問題はあまりに踏み固められて冷えると、アイスバーンと変わらなくなることでしょう。
アイスバーンになると、スタットレスタイヤでも危険です。
タイヤとの接地面が溶けてみずになり、滑る原因を作るからです。
特に今回は、凍っている状況の上に雪が降る可能性が高いため、気を付けなければいけません。
実は安全に見えるシャーベット状は、アイスバーンと変わらない状況です。
これも、タイヤとの間に水ができてしまうところにありますので、安心したりしないようにする必要があるでしょう。

スタッドレスタイヤで走ることが重要ですが、雪道でノーマルタイヤのまま走ることは、実は道路交通法違反に当たります。
道路交通法第七十一条の違反に当たりますが、道路が危険な状況では危険を防止して安全をはからなければいけないとしているからです。
ただし、罰則に関しては、沖縄はのぞかれているため、都道府県ごとに取り決められているのも理解しておかなければいけません。
点数は引かれませんが、罰金はあります。
ここでいう安全をはかることは、最低限でもスタッドレスタイヤにあたるでしょう。
夏用タイヤであれば、チェーンをまく必要も出てきますが、切れることも頭に入れておかなければいけません。
強い力を掛けたり、雪のないところでチェーンを装着したまま走れば、加熱して切れる恐れが出てきます。
速度もできるだけ落し、ゆっくりと走っていきましょう。
それでも、怪我をしてしまったり、交通事故を起こしぶつけて首が痛くなってしまったりしたときには、館林たまい接骨院にお越しください。
その際には、道路で滑らないように、注意してお越しくださいね。

たまい接骨院700

«