館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

暖かくなったからこそ気を付けるゴルフの怪我

院長の日記

暖かくなってゴルフをする機会も

オリンピックも終わり、だんだんと春の風が吹いてきました。
寒気によっては、まだまだ寒い季節ではありますが、だんだんと足音が聞こえてきたといったところでしょう。
館林たまい接骨院でも、だんだんと暖かになってきており、過ごしやすくはなってきています。
つい先日は雪が降ったことを考えると、三寒四温とはよくいったものです。

この時期になると、なにか体を動かしたいと思うようにもなってきます。
スポーツをするには、ちょうどいい季節だからです。
特に冬場は我慢して、暖かくなってやっとゴルフをするという人も多いでしょう。
ゴルフは自然の中でするスポーツですので、暖かくなると気分が爽快になるのも間違いありません。

ゴルフは健康のためと思っていても、やはりスポーツですので、怪我をする可能性は考えておかなければいけないでしょう。
そのひとつが、肋骨の骨折です。
とても多いケースとは言えませんが、体を回転させるスポーツであることは忘れてはいけません。
一定の回転を続けていくことになるため、どうしても負担がかかります。
そこにクラブの回転にかかる力も加わってくるため、どうしても肋骨を骨折する可能性があるといえるでしょう。
実は、肋骨は強い骨ではありません。
強いどころかもろいものであると考えたほうがいいでしょう。
骨折というと、何かがぶつかって起きるものと考えがちですが、スイングしただけでも骨折する可能性はあります。
館林たまい接骨院の得意領域でもありますが、なにか痛みが出てきてしまったというときには、早めにお越しください。

この時期ですので、何度もコースに出たくはなりますが、酷使すればそれだけ肋骨に負担を掛けるようになるでしょう。
特に初心者のうちは、どんどん出たくなりますが、自分のスイングを固められるようにして行くことのほうが大切です。
無理な回転をかけ続ければ、骨折してしまうことを覚えておかなければいけません。
もちろん、打ちっぱなしであまりにも多い珠数を打っていくというのも危険が伴うと覚えておきましょう。

インパクトで強い衝撃がかかる手首

ゴルフでは、さまざまな怪我があります。
最近でも、多くのゴルファー悩むものとして、手首の怪我があげられるでしょう。
松山選手が引退の危機とまで言われた怪我としても有名です。
館林たまい接骨院でも、多くの人が悩みとして抱える怪我となっていますが、どうしても負担がかかる部分となっています。

ゴルフは、重く硬いクラブを振って、点のような小さなボールを打つ競技です。
インパクトの時には、驚くほど強い力がかかってきます。
これが手首に大きな負担となりますが、なにもプロゴルファーだけではありません。
アマチュアでも十分に予想されることといえるでしょう。
力が男子まで強くはない有村選手も同様に手首を痛め、欠場していることからも明らかです。
プロのように、しっかりと安定したスイングをしている状態でも怪我をする可能性がありますが、アマチュアでは、チョロやダフったりすることもあるでしょう。
さらに大きな負担を掛けることにもつながっていきます。

対処方法としてはいくつかありますが、まずはスイングをやめます。
どんなことでも同じですが、休息させることが一番の対策です。
そのうえで、アイシングをしていくことになりますが、痛みが強い場合には、すぐに館林のたまい接骨院にお越しください。
対処として間違ってしまうと、かなりの痛みを伴います。
実際に筋肉や関節の痛みが小さな炎症なら問題がありませんが、もっと大きな範囲に及ぶこともありますし、深刻な状態につながることも少なくないからです。
マッサージをすると効果的という話もありますが、自分でおこなっても、それが正しいかどうかはわからないでしょう。

館林たまい接骨院では、スポーツの怪我に対応できる最新機材を取り揃えています。
非常に多くのスポーツ選手に対応してきていることも重要ですので、早めにお越しいただければ、ゴルフにも早めに復帰できるようになるでしょう。
実際問題として、手首の怪我は長引きやすい部分です。
生活でも使っていく場所であり、曲がらないために、多くの不便を感じるでしょう。
どうしても動かしてしまうため、急速にならない問題も抱えます。
再発しやすいことも考えて、ゴルフを楽しめるように、対処していくことが大切です。
鍼灸での対応もできますので、痛みが長引いている場合には、お早めにご予約ください。

ゴルファーの職業病といえる腰痛

ゴルファーにとって、最大の問題となってくるのは腰痛です。
館林たまい接骨院でも、多くの人が抱えている悩みで、スポーツ以外でも起きる怪我といえます。
なにが問題かといえば、大きな要因となってくるのは、日常生活に影響を与えることです。
腰が痛いというのは、寝ているところでもなりますし、起き上がるだけでもきつくなるでしょう。
歩くのにも痛みが出ますし、仕事も支障が出てきます。
ありとあらゆるところに問題が派生してしまうため、ゴルフに限定できるものではありません。

ゴルファーとして考えても、ジャンボ尾崎選手もずっと悩んでいきましたし、タイガーウッズ選手は腰痛によって、大きく人生が変わりました。
石川遼選手も、腰痛がスイングなど細かな点を狂わせていったのは知られているところでしょう。
これが職業病ともいわれる部分ではありますが、アマチュアから見たら生活にもかかわる部分でそんなことは言っていられません。

なぜ、痛みが出てしまうのかといえば、回転運動をするからです。
ゴルフのスイングの特徴ですが、これが負担を掛けることになります。
つまり、絶対的に怪我をしないという状況は作れないといえるでしょう。
怪我をしないようにするためには、ゴルフをしないという選択しかないからです。
スイングもいろいろとあり、回転をあまりさせない方法もありますが、これが自分に合うかどうかの問題もあります。
無理なスイングにすれば、ゴルフ自体も嫌になってしまうでしょう。

ゴルフがスポーツである以上、無理に続けるのではなく、痛みを解消させて楽しくするのがポイントになってきます。
館林たまい接骨院に早めにおいでくださいというのも、辛い思いを我慢してするものではないからです。
自分に合った方法を見つけることも大切ですが、体のケアを続けていき、無理なく楽しむことのほうが大切でしょう。

暖かくなり、どうしても無理をしてしまうところも出てきます。
しかし、体はそうそう温まりませんし、なまっていることを忘れてはいけません。
いきなりパワーを掛ければ、体はついていくことができません。
当然怪我をする状況を作り出してしまいますので、準備運動をおこない、体をほぐしてから望むことが必要でしょう。
できれば、ゴルフをする当日だけではなく、少しずつ体を慣らす時間を作り望むようにすれば、怪我を防止できるようになるでしょう。
大きな違いを生むことになりますので、十分な準備を重ねてから始めることが大切です。

たまい接骨院700

« «