館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

暖かくなってきたからこそ起きるテニスの怪我

院長の日記

実は過酷で多いテニスの怪我

暖かくなってきて、スポーツも楽しいシーズンになってきました。
テニスをするのもぴったりの季節になったといっていいでしょう。
老若男女楽しめるスポーツで優雅に見えますが、実は過酷で知られています。
錦織圭選手をはじめ、トッププロはみなどこか怪我しているとも言われているスポーツです。
館林たまい接骨院でも、数多くの症例が存在します。
それほど大きな怪我をしやすいことから、体に無理をさせないように楽しむのがポイントになってくるでしょう。

体に無理をさせないようにするためには、負担がかからないようにするとともに、予防策を考えておく必要があります。
もちろん、異常があれば、すぐにでも館林たまい接骨院にいらしてください。
暖かくなったからといって、怪我をしないといったことはありません。
軽い状態だからと思っていると、実は大きな怪我が進行していることもあります。
早期発見が、早期の回復につながることを考えると、無理をしないことが長くテニスを楽しめるポイントになってくるでしょう。
特にこの時期から学校の部活ではじめていくのであれば、怪我とケアには十分に注意を払うことが必要です。

起きる可能性が高いテニスひじ

テニスには、ラケットとボールが必要です。
これが特徴のスポーツですが、ラケットを振るため、どうしても上半身の怪我が目立ちます。
しかし、下半身にも負担がかかるのは、フットワークによって大きく左右されるからです。
体の動かし方が重要になってきますので、自分以外のコーチなどにチェックしてもらうことも必要になってきます。
楽しめるスポーツだからこそ、負担はかっきりとした認識を持って行動しなければいけません。

テニスでもっとも知られている怪我は、テニスひじといってもいいでしょう。
一般の生活にもかかわってくる怪我で、毎日腕を使っている人であれば、同じように怪我する可能性があります。
いくつかのかたちがありますが、バックハンド型とフォアハンド型に分けることができるのが特徴です。
特に部活でテニスをはじめたばかりの状態によく見られるのは、バックハンド型と呼ばれる状態になってきます。
筋肉の使い過ぎが引き起こし、負担に耐えられなくなることが問題で、肩や手首の筋力の低さが引き起こしてしまうことが問題点ともなるでしょう。
この場合には、上腕骨外上顆炎と呼ばれます。
フォアハンドが問題の場合には、上腕骨内上上顆炎と呼ばれる状態で、バックハンド型のちょうど反対側が痛むのが特徴です。
フォアハンド型のほうが上級者に起こりやすいといわれているのは、それだけスピンをかけたり多彩な変化で返そうしたりと、さまざまな打ち方をしていくからと考えられます。

館林たまい接骨院でもかなり多くみられますが、テニスをするどころではない痛みがあります。
そのままにしておけば、手首を動かす動作をするだけで痛みが出てくるようになり、日常生活に大きな支障をもたらすようになるでしょう。
早めに館林たまい接骨院で施術を始めるだけではなく、とにかく休ませることが重要です。
長い期間のリハビリまで考えていかなければいけなくなるため、軽いうちに施術をスタートさせて回復させなければいけません。
館林たまい接骨院にこられる前に、何かおかしいと感じるようなことがあれば、まずはアイシングして様子を見ることも必要です。

誤った考えも原因となる疲労骨折

部活を考えると、中学でも高校でも、ひたすら練習をすることになるでしょう。
テニスは見た目の華やかさとは全く異なり、かなりの運動量が必要になってきます。
それだけのトレーニングもしていきますが、相当な負担がかかるスポーツです。
勘違いされることもありますが、練習だけでも相当な衝撃を受け、ダメージを受けていきます。
疲労骨折を起こしてしまうほどの運動を理解しておかなければいけません。
骨折は館林たまい接骨院の施術分野です。
痛みに気が付いた時点ですぐに来院いただければ、疲労骨折も予防策になっていきます。
疲労がたまったことが施術対象ではないのではありません。
怪我をしてしまった事実がありますし、異常が出ている状態ですので、安心してご来院ください。

この疲労骨折は、トレーニングを抑えることが一番の対策です。
筋肉をつけて負担を減らす方法も重要ですが、成長期に無理にトレーニングしていくことは、大きな負担を生み出していきます。
成長に追いつかないことも出てきますので、トレーニングを考えていく必要があるでしょう。
これは、大人に起きるケースよりも、子供たちに起きる方が大きな問題だからです。
サイズの合っていないシューズを使うだけでも、ダメージを与えるようになっていきます。
疲労骨折といっても、慢性的な疲労ということではなく、常にダメージを与え続けている環境があることが重要でしょう。
大きな怪我につながる前に、異変を感じ取った時点で施術をスタートして、大きなダメージを爆発させる前に回復させることが必要でしょう。
館林たまい接骨院であれば、小さな怪我の蓄積も見逃しません。
最新の機材を使いながらケアも進めていきますので、異変に機がついた時点から施術を始めていけば、将来にわたるようなダメージも残さないで済むでしょう。
特に疲労骨折は、外見からではわからない問題があるのですから、要注意です。

腰の怪我も起こる

テニスのダメージというところでは、下半身も重要なポイントになってきます。
そのひとつに腰痛があげられるでしょう。
テニスとは切っても切り離せない怪我ですし、館林のたまい接骨院でよく見られます。
日常生活でも大きな影響を与えていきますし、

動作が誤っているような場合には、疲労がたまるだけではなく、常に必要以上の衝撃を受け止めていかなければいけません。
負荷の大小はまり関係なく、起きるときには起きてしまうのが腰痛のため、異変があったときにすぐに施術をスタートするのが重要です。
時間をあけると、その分だけ負担が生じるからです。
腰痛の対策としては、念入りにストレッチをして、筋力をアップさせることがいいでしょう。
だからといって、腰痛が起きないわけではないため、痛みが出たらすぐに安静にして、休養することが一番です。
テニスに限らず、さまざまな要因が絡み合ってくるため、異変があったときにはすぐに館林たまい接骨院にお越しください。
これが一番の対策となりますし、回復を目指せる形になっていくでしょう。

館林たまい接骨院では、さまざまな怪我に対応できます。
回復させるというところでは、とにかく早く施術をスタートするのが重要です。
時間をあければ、それだけ回復も遅くなってしまうでしょう。
負担も増えるようになりますので、とにかく早期の対策が大きな怪我をへらしていきますので、異変を感じた時には館林たまい接骨院にお越しください。

たまい接骨院700

«