館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

ひじのケガとリハビリ

院長の日記

野球には避けられないひじの怪我

野球をする人にとって、ひじのケガは切り離せない問題です。
球技としてボールを投げる以上、どうしても負担がかかります。
この負担の大きさが大きな意味があり、どうしても軟骨や人体に影響を与えるからです。
館林たまい接骨院でも、野球の怪我の対応をおこなってきました。
その中で、どうしても外科的な手術しなければいけないことが出てきます。
腱の再建や遊離軟骨の除去をしなければ痛みが取れないことも出てくるからです。
問題は、そのあとにしっかりとリハビリができるかどうかでしょう。
もちろん、館林たまい接骨院では、痛みを考えての施術が可能です。
手術をしない、保存療法での対応ができます。
ですが、切れかかっている腱を再建するためには、通称トミージョン手術といった方法も必要です。

先日、MLBで二刀流として頑張っていた大谷翔平選手も受けました。
それもシーズンが終わり、いきなり手術したことには驚きです。
保存療法では乗り切れないぐらいの損傷になってしまったという意味でしょう。
乗り切れないほどの損傷になるまで酷使してしまったことも問題ですが、メスを入れれば回復するまでには大きな時間がかかります。
この時間の意味は、メスを入れることが肉体的に大きな負担になることを意味しているでしょう。
だから、できる限り回避したいと考えます。
メスを入れて再建しても、肉体的に大きな負担がかかり、回復まで膨大な時間を必要とするでしょう。
さらに、この腱が自分の体の一部として動かせるようになるためには、体が覚え直さなければいけないことが出てきます。
違う場所の腱を移殖してきますが、自分の体がどう動かしていいかわからなくなるからです。
動かし方がわからないなら、リハビリで覚えさせていくしかありません。
指を動かすために、輪ゴムを使っていくことが知られていますが、この程度のことからスタートして、徐々にボールが投げられるまで目指さなければいけません。
館林たまい接骨院では、外科手術が必要な場合、整形外科もご紹介可能です。
そのうえで、リハビリにも適切な方法が取れます。
どうやって手を動かすのか、その初期の段階からご相談ください。
ひじの怪我を含めて、身体を回復させるためには、長い期間面倒を見なければいけません。
館林たまい接骨院であれば、病院のように待ち時間が長くありません。
19時まで施術をおこなっておりますので、利用しやすい環境になるでしょう。

大きな怪我をしない体にするために

館林たまい接骨院では、リハビリもお手伝いできます。
痛いという状況の改善も館林のたまい接骨院の得意範囲ですが、それだけではありません。
次の段階として、しっかりと機能を取り戻すことが必要でしょう。
スポーツは楽しくおこなっていくことが一番です。
怪我をしたままでは、なにも楽しくはなくなるでしょう。
無理に動かせば、その分だけ怪我は悪化していってしまいます。
その時に、正しい動きをしているかどうか、自分で判断は難しいはずです。
無意識に動かしている部分もあるため、無意識の中で怪我をすることにつながります。
館林たまい接骨院では、大きな怪我になる前の段階から、異変があったらご相談を受けられるところが違いです。
少しの痛みでも、これから悪化させることはありません。
その予防として、野球であれば肩ひじの動きなども診ることができます。
使い方に問題があれば、怪我をするのは当然でしょう。
この状況を改善するためにも、正しい動きかどうかを判断できます。

野球やソフトボールなどをしていると、練習もしていきたいでしょう。
ですが、正しい体の使い方をしていないと怪我をする可能性は高まってしまいます。
館林たまい接骨院では、痛みの問題とともに、怪我の予防も考えられるのが違いです。
練習は身体を動かすことだけではありません。
自分の体を正しく使い、怪我もしないようにするのも練習です。
怪我をしにくい体を作り、戦力となれるように考えていくことは、とても大切なことと認識しなければいけません。
大きな怪我にしてしまわないように、痛みを回復させながら体の動かし方も考えていきましょう。

たまい接骨院700

« «