館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

改めて交通事故とむち打ちを考える

院長の日記

交通事故に遭ったときには

交通事故にあう状況は、どんなことであっても大変不幸な出来事です。
できれば、だれでもあいたくない状況といえるはずです。
館林たまい接骨院の周辺を見ても、かなりの数の車が走っており、自分が安全運転を心がけている状況であっても交通事故に巻き込まれる可能性が出てきます。
すべての交通事故を防ごうと思えば、車のない場所で外に出ないようにして生活するといった極論で考えるしかありません。
それほど生活の中で交通が重要な意味を持つからです。
自分たちも含め、交通事故にあってしまったときには、身体に大きなダメージが加えられることを理解し、少しでも早めに館林のたまい接骨院で対処することを考えましょう。
これは、加害者になってしまったときでも同じです。

むち打ちとは何かを考える

交通事故にあったときに、館林たまい接骨院でも多く見られる怪我はむち打ちです。
想像もつく話ですが、もう一度むち打ちとは何か考えてみるべきでしょう。

大事なこととしてむち打ちは、交通事故でなくても起こることがあります。
身体に強い衝撃を受けたときには、だれでもむち打ちになる可能性が出てくるため、どんなことかを理解しておかなければいけません。

むち打ちになってしまう状況は、車での追突が考えられます。
車に追突される状況を考えた場合、その衝撃は車体だけではすみません。
運転手を含め、乗車している人の身体に強いダメージを与えるでしょう。
全身で構えて耐えられるのであれば、まだダメージを分散できます。
しかし、後方からぶつけられる”おかまをほられる”状況になると、ぶつかった瞬間に構えることができません。
現在はシートベルトをするのが前提になるため、体は衝撃を受け止められなくても、シートベルトが守ってくれます。
しかし、頭は固定されておらず、その衝撃で前に強く押し出されるでしょう。
首が支えていますが、体の中でも最も重い頭部の動きを完全に抑えることはできず、鞭のようにしなりダメージを受けます。
これがむち打ちの代表的なパターンです。

正面衝突した場合には、首は強く曲がってしまいますが、衝突する瞬間をはっきりと見定められます。
ぶつかる瞬間に首の筋肉は一気に緊張して身体を守るため、後方から衝突するよりもむち打ちの症状としては軽くなりやすい状況です。
だからといって、首の筋肉や腱にダメージが残らないわけではありません。
それどころか、緊張が解ければ、ダメージの大きさに気がつきます。
緊張している間は、どこまでダメージを受けているのか、精神的にも交通事故という状況で混乱していてわからないことも多々あるのが問題です。
あとからむち打ちで苦しむのは、この緊張によって守られているからといえます。
交通事故に遭ったときには、すぐにでも館林たまい接骨院で施術をするべきなのも、ダメージを受けている状況に違いはないからです。

症状には個人差があり

むち打ち症には、さまざまな症状があり、個人差も出てきます。
交通事故の状況によっても違いますし、年齢や体質といった個人の差も大きく影響するからです。
頭を大きくゆすられることによって、脳震盪も起こししてしまいます。
意識を失うこともありますし、重症化して麻痺を起こすこともある重大な怪我だと認識しなければいけません。
意識障害を起こすことさえ出てきます。
事故の後にはすぐに館林のたまい接骨院で施術していきましょう。

むち打ち症は、頸椎捻挫が主な原因になってきます。
筋肉や靭帯、関節の損傷が影響してきますが、頭痛が続くこともありますし、捻挫してしまっている頸部の疼痛も症状として表れやすい症状です。
館林たまい接骨院でも例がありますが、神経根症状も見られない場合が多く、整形外科で判断できないことも出てきます。
レントゲンなどでは判別がつかないため、事故に遭ったときには速やかに館林たまい接骨院にお越しください。
最新の機材がそろっていますし、痛いという現状から問題点を見つけていきます。
必要に応じて整形外科もご紹介が可能です。
整形外科に通っても改善しないときでも、まずはご相談ください。

たまい接骨院700

« «