館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

子供たちの怪我は早期に発見を

院長の日記

慣れてきたころに出てくる怪我

桜の時期が終わり、新入生も学校に慣れてきたころでしょう。
館林たまい接骨院の周りでも、子供たちが元気に歩く姿を見かけることが増えました。
慣れてくると、いろいろなことが見てきますが、身体の負担にも気がつきます。
特に部活に入ることも多い中学生や高校生となると、身体に対する負担は大きく違いが出る時期です。

学校も始まり、精神的な緊張感も取れてくるこのころは、怪我には気を付けなければいけません。
緊張感が和らぐ代わりに、油断して怪我もするからです。
部活に入り、身体を動かすようになり、負担も増大してきます。

部活の種類などによっても怪我は違いますが、大事なことはできるだけ早いケアです。
怪我をそのままにしておくと、悪化するだけで、治りが早くなることはありません。
早期の対応が、早期の復帰につながりますし、重大な怪我にさせないための鍵です。
何かおかしいと思ったら、はっきりと伝え、ケアをすることが大事なのを忘れてはいけません。

子供たちは怪我を教えない

子供たちの怪我は、なかなか表面に出てこないこともあります。
怪我をしているのに、だれにも教えることなく、自分で我慢してしまう状態です。
知られたくないのは、怪我したことがわかるまずいと考えるからで、悪化して簡単に回復できない状態まで我慢してしまいます。
理由はいくつかありますが、部活に入ったばかりでは、怪我をしたことを伝えられないことも出てくるからです。
怪我をしたことがわかると、部活に迷惑をかけると思う子供たちの心もあります。
レギュラーを目指せるほど期待されてはいったときなどは、これで終わってしまうと感じる場合もあるでしょう。
怪我をしたことが怒られると思うのも子供たちにとって負担です。
怒られたくないから、自然に直るのを待とうと思う心を理解してあげなければいけません。

わかってあげられるのは大人です。
大人が子供たちの異変に気がつけば、子供たちのケアができます。
無理をさせて怪我を悪化させれば、部活どころか一生の生活に関わるかもしれません。
これでは、せっかくの部活動も意味がないものになるでしょう。

大人がストップをかけてあげることが大切ですが、その時には館林たまい接骨院にご相談ください。
怪我に対する対応だけではなく、トレーニングの仕方なども指導できます。
これからの未来ある子供たちのためにも、早く見つけて回復できる体制を作ってあげてください。
館林たまい接骨院は、19時まで診察しておりますので、学校終わりでも安心です。

たまい接骨院700

« «