館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

子供たちの怪我:部活と突き指

院長の日記

a921d3758e69b44c93fdaf441e5ed9b6

部活などの怪我は早く施術開始が回復のポイント

新入学した人たちもようやく学校に慣れてきたころでしょう。
ゴールデンウィークが長く、なんだか気抜けした部分もあったかもあるかもしれません。
部活もどんどんと大会なども出くる時期で、身体がついていかない日々も過ごしているはずです。
特に始めたばかりのうんふぉうの場合、身体の使い方もわからず、苦労することは当然考えられます。
大事なことは、身体のケアをすることで、疲労を貯めたり、怪我をしている状態を放置してはいけません。
自然になおるものはいくらでもありますが、その力を発揮できる条件も整える必要があります。
ケアもしながら対応していかなければ、やがて大きな怪我をして、部活どころではなくなりますし、メンバーに入っていればそこに穴をあけることにもつながるでしょう
そうなる前に、館林たまい接骨院にお越しください。
館林たまい接骨院は、院長自身がプロの格闘家でありソフトボールの経験者です。
女性院長でもあるため、女性の怪我でも心配はいりません。
とにかく早い段階での施術が、回復のカギです。
時間をあければ、それだけしっかりとなおすチャンスが失われると考えなければいけません。

ソフトボールと突き指

ソフトボールもこれからさまざまな大会のシーズンに入ります。
はじめたばかりの人も多い時期で、怪我には十分に注意していかなければいけません。
館林たまい接骨院でも多くみられるのは、中学生などでは身体をうまく使えずに打撲してしまったりする例です。
打球をうまくさばけずに、突き指してしまうことも多くみられます。
慣れてくれば、ボールのさばき方などもわかるようになりますが、それまではどうしても怪我の発生する可能性が高まります。
突き指は、軽いけがにみえますが、実は大きな力がかかってしまった状態です。
指に対してまっすぐに力がかかった状態で、県や靭帯が損傷しているのが大きな原因です。
間接も大きなダメージを受けています。
すぐに冷却することが大切で、絶対にしてはいけないのが、指を引っ張ることです。
突き指は引っ張るとなおるというのは、単なる都市伝説でしかありません。
実際にはなおるどころか悪化するしかないため、絶対にしてはいけない行為です。
怪我をしたのがわかったときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
時間をあげてもなにも解決しないため、できるだけ早く施術を始めていきましょう。

大人がわかってあげる

子供たちの怪我は、大人が見つけてあげなければいけません。
今の時期の子供たちは、学校や部活、友達などのことでいっぱいいっぱいです。
怪我をしたとしても、知られてしまえば、部活にも迷惑がかかると思い、黙って過ごすことも珍しくありません。
少しでも異変を感じたときには、すぐに館林たまい接骨院にきて見せてください。
中学生だけではありません。
小学生でも同じですし、高校生でも変わりません。
怒られると思えば、必ず隠すのが子供たちです。
それを見つけてあげて、できるだけ早く施術できれば、将来への影響も少なくすることができるでしょう。
大人は両親だけではありません。
部活の先生もおなじで、大事な大人です。
子供たちを守ってあげる大事な存在なのですから、怪我を見落とさずに館林たまい接骨院にご相談ください。

たまい接骨院700

«