館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

交通事故ですぐに痛みが出ない理由はここにある

院長の日記

ホルモンが身体を守る
f0cbc0317642065cb7628870897a106e_s

交通事故に遭った瞬間を想定できる人は、自分で経験があるはずです。
巻き込まれたのか、自分で起こしたのかに違いはありますが、どちらも恐怖であったことは間違いありません。
館林たまい接骨院でも施術をおこない、早期回復を目指せるようにしていますが、交通事故に遭ったときには、すぐにでも早く回復を目指すべきです。
そのためには、事故直後からできるだけ早く施術をスタートさせるのが大切になってきます。

人間の身体は、興奮状態になると痛みを感じないように作られています。
当然痛いわけですが、危険な状態となるため、できるだけ早期に安全なところへと移動できるようアドレナリンやβエンドルフィンといったホルモン物質が分泌されるのがポイントです。
アドレナリンは副腎髄質から分泌されますが、エネルギー代謝や運動機能を高めることができます。
身体は危機感を感じている状態であり、なんとかして脱しなければいけません。
そのための痛みの麻痺もアドレナリンがおこなうため、血糖値も心拍数も血圧さえも上昇させていくのです。

痛みに対してβエンドルフィンも脳から分泌されます。
脳内麻薬として知られるようになりましたが、鎮痛作用を持っている物質です。
痛みを抑えてくれますが、すべてがわかっている物質ではありません。
それでも、落ち着いてしまえば分泌が収まり、痛みを感じるように変わるため、自分で落ち着いたときに痛みで気を失うことさえあります。

こうした症状からも、交通事故直後は痛みがよくわからないことも珍しくありません。
だからといって、怪我をしていないわけではないのです。
痛いという自覚が現れる前から施術をスタートすれば、少しでも苦しみは減らせます。
時間がたてばたつほど苦しみが大きくなる以上、早い時点から館林たまい接骨院で回復を目指していきましょう。

身体を守る防御反応からくる筋肉の緊張

もうひとつの問題点として、人間の筋肉の構造を考えなければいけません。
人間は、危険と思ったときに防御反応をとります。
有害で危険な状況であると判断すれば、生命の危機として考えるからです。
この防御反応にもいろいろとありますが、筋肉の硬直も重要な意味を持ちます。
ホルモンの分泌も同様の反応ですが、筋肉を硬直させることによって、強い衝撃から体を守ろうとするのが交通事故の瞬間です。

例えば、自分の目の前に危険なものが迫ってくるとします。
その衝撃から守ろうとしたら、全身に力を入れて耐えるか受け止めるのかを考えるでしょう。
交通事故も同じです。
衝撃を受けると思ったときには、全身に力を入れて耐えるようにするのです。
筋肉が緊張した状態で衝撃を受ければ、少しでも耐えられますが、耐えているだけなのを忘れてはいけません。
衝撃を受けていることには変わりがないため、当然身体は傷みます。
館林たまい接骨院でもありますが、交通事故に遭ってすぐの時には痛みを感じなかったものの、時間がたつにつれ調子を崩す例です。
時間をあければ大丈夫どころか、時間の経過とともに体調が悪くなる典型ともいえます。

あとから出てくる怖いむち打ち症

交通事故に遭い、あとから症状が出てくることで知られているのが、むち打ち症です。
館林たまい接骨院でも多くの症例がありますが、非常につらい思いをします。
交通事故直後の筋肉の緊張により、すぐには気がつかないことがあるため、できるだけ早めに処置をスタートするのが大切です。
なによりも保険との兼ね合いもあります。
時間を経過させると、本当に交通事故による衝撃で首を痛めたのか、はっきりとした各省が取れなくなる恐れがあるのが問題です。
間違いなくても、それを証明できなければ、反論ができなくなります。
自分が痛いと思っていても、それが交通事故によるものだったとしても、はっきりとした照明ができなくなると保険がおりなくなる可能性は否定できません。
だからこそ、早期に館林たまい接骨院で施術をはじめていきましょう。

たまい接骨院700

« «