館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

指の第一関節が曲がって戻らなくなるヘパーデン結節

院長の日記

190713-272F

指の第一関節が曲がったままになるヘパーデン結節

指の第一関節を見たら、変形したまま曲がってしまう状態がヘパーデン結節です。
館林たまい接骨院でも見られる症状ですが、原因は正確にわかっていません。
症状も人によって違い、形状も違います。
40歳以降の女性によく見られ、手を使う仕事の人は十分に注意が必要です。

原因はよくわかっていない

ヘパーデン結節の大きな特徴は、指の第一間接にこぶができます。
これを結節と呼びますが、ヘパーデン氏が報告したことで名づけられました。
人差し指から小指にかけて症状がみられ、痛みが出ることもあります。
親指はまれですが、出ないわけではありません。
痛みがあれば、手を握ることもできなくなります。
こぶはまれに透明で透き通ったでっぱりになることがありますが、これをミューカスシストと呼びます。

館林たまい接骨院でも例がありますが、リュウマチと勘違いされることもあるでしょう。
しかし、まったく別の症状です。
変形性関節症のひとつとして考えられていますが、特徴が全く異なるので、気になる場合にはすぐに館林たまい接骨院にお越しください。
必要に応じて、整形外科でのレントゲンなどの手配もします。

健康な生活を送ることが大切

ヘパーデン結節の怖いところは、進行を止める治療法は確立していない点です。
外科手術をしてもなおるとは限りません。
それよりも、館林たまい接骨院がおこなうような保存療法が向いています。
一時的に痛み止めを処方されたりもしますが、原因がわからないため対処が難しい状態です。
保存療法の場合には、固定したりしながら、負担を減らしていきます。
安静にさせることによって、症状を改善できたりするためです。

予防方法はいろいろとあるわけではありません。
使いすぎにならないように、仕事でも注意するというのは、腱鞘炎などと同じ対処方法です。
環境によって左右される部分があるため、難しい場合もあるでしょう。

少しわかっている部分として、当分の多い食事や肥満は、症状を進行させてしまう可能性が出てきます。
自分で食事や体重の管理をすることは、大事な予防策です。
運動をして、ダイエットをすると言うのも方法になるでしょう。
まだまだ原因的な部分が解明されていないので、健康的な生活を送るという部分が大切になるのです。
予防に関して方法がわからないときには、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。
さまざまな方法をご提案させていただきます。

たまい接骨院700

«