館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

サッカーでスライディングを受けて骨折してしまったら

院長の日記

Jリーグも始まり、順位も動き出してきましたね。

館林市もサッカーが好きな人が多く、年代でいろいろなチームがあったりもしますが、怪我には十分注意しながらプレーしないといけません。

サッカーは、接触も多く、ちょっとしたことが大きなけがになってしまうことがあります。

レガースはなんだか違和感があると感じることがあるかもしれませんが、しているのといないのとでは、まるっきり違いますので練習でも必ずしてください。

たまい接骨院でも、サッカーの怪我の回復を考え施術をすることはできますが、何よりも怪我をしないようにすることのほうが大切です。

 

スライディングされたときにレガースがあれば、少なくても脛を骨折してしまう可能性は下がります。

誰もがスライディングをしたときに当てに行こうとは思っていませんが、それでも脛に入ってしまうと、スパイクが足を支えて衝撃が逃げなくなり、脛が折れてしまうような怪我をする可能性が高まるのです。

たまい接骨院でも診ることはできますが、とても大きな怪我になってしまいます。

 

もしも、やってしまった時は、できるだけ早く来てください。

館林市の中でも本町にありますので、タクシーでもすぐにわかります。

骨折に関して接骨院はスペシャリストですし、必要があると判断した場合には、整形外科もご紹介できますので安心してくださいね。

たまい接骨院700

« «