館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

本当に怖いスポーツ障害になるまえに!

院長の日記

スポーツをやっている人でも、勘違いすることがありますが、外傷と障害は全く別のものです。

たまい接骨院では、スポーツ障害となってしまう前に回復できるようにしていくことを提唱しています。

それはなぜかいといえば、外傷はあくまでも怪我と考えることができますが、障害となってしまうと、日常生活にも影響を及ぼすことになるからです。

 

館林市もスポーツが盛んではありますが、怪我も付き物であることは否定することはできません。

ですが、できるだけ早く適切な対処をしていくことができれば、怪我は障害となってスポーツすら制限されてしまうようなことを避けることができるのです。

 

特に怖いのは、怪我と障害を認識できないことで、子供たちのように練習することが中心と思い無理をしてしまうことにあります。

スポーツには、正しいトレーニングがあり、適度な強度を続けていくことが練習として重要です。

しかし、練習=上達という絶対的な認識を植え付けられてしまうため、時としてオーバーユースになってしまうことがあります。

館林市でも発生していますが、どんなスポーツも疲労を回復させることも練習ですし、体を動かすだけが練習ではありません。

なにか体がおかしいと思ってしまったときには、たまい接骨院に診てください。

スポーツ経験者の視点で、どうして怪我をするのか、今後どうやって予防するのかという事も指導できますので、障害となってしまう前に回復できるように頑張っていきましょう。

たまい接骨院700

« «