館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

テニスの負担と腰痛の悪化

テニスの怪我の参考に

【テニスでかかる負担と腰痛】
とても華麗なイメージが付きまとうテニスですが、実は体に大変負担がかかります。
楽しみながらケアしてプレーしていれば、あまり気にすることもありませんが、競技として行っていると、激痛を伴うような強い腰痛を引き起こしたりすることも少なくありません。
特にテニスの場合には、前かがみで構えながら左右の動きに備え、ストップ&ゴーを繰り替えします。
これに、ボールを打つ時には、体にひねりを加え打つわけですから、腰に関してはとても大きな負担を強いることになるのです。

館林市本町たまい接骨院でも、腰痛といえば年齢からくるものが多かったりしますが、テニスの腰痛の場合には、椎間板ヘルニアや腰椎分離症からすべり症になってしまったりと重度なものも出てきてしまいます。
年齢的に若い世代にも見られますので、今後のことも考慮し早めの対処が重要であるといえるでしょう。

 

【腰痛がひどくなってしまったら】
テニスでの腰痛の場合、基本として考えなければいけないのは、ひどくなってしまったら楽な姿勢で安静にすることです。
これは、ぎっくり腰などでも言えることですが、急性の場合にはアイシングをしておくことが必要となります。
慢性の場合のみ温めることになるのです。

館林市本町たまい接骨院では、手技と最新機器によって血行改善させ、炎症も抑えていくことができます。
それでも、重度なものになってしまうと、保存療法ではなく、手術という選択肢を取らざるを得なくなってしまうのです。
そうなると、どうしても回復まで時間がかかることになりますので、悪化させる前に施術を開始し、回復させることが重要だといえるでしょう。
不安な面がある場合には、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【テニスに関する怪我のことなら】
テニスの腰痛は反復運動から引き起こされていきますが、うまく体が使えていないような状態でも引き起こされてしまいます。
誤った動作を繰り返していると、筋肉に疲労がたまりやすくなってしまうからです。
ただし、負荷の大小にかかわらず、テニスをする以上、何らかの腰痛に悩まされてしまうことは珍しいことではありません。
慢性的に張りがあり、痛みが続くことはよくあることで、不安感を持つことも多いのです。
そんな時には、まずは館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
テニスに関する怪我のことなら、なんでも相談に乗ることができます。
不安を解消することも、怪我の予防につながります。
ります。

たまい接骨院700

« «