館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

テニスで関節に違和感を覚えるようなときはガングリオンかも

テニスの怪我の参考に

【テニスと関節に不快感を覚えるガングリオン】
テニスをしていると、突然手首に不快感を覚えることがあります。
それでも強い痛みがあったりするわけではなく、なんだか違和感があることがあるのです。
まれに痛みが出たりすることもありますが、それでもすぐに消えてしまったりします。
特徴として、ピンポン玉のような塊があったりするのですが、これをガングリオンと呼んでいるのです。

ガングリオンは良性腫瘍であるため、基本的には何かしなければいけないというわけではありません。
しかし、関節に固まりができるのですから、不快感があるのも事実です。
硬くなってしまうと、軟骨のように感じることもあるため、テニスのプレーに影響が出てしまうこともあるでしょう。

館林市本町たまい接骨院では、この状態を改善するために保存療法をとることができます。
整形外科等では、注射で吸引したりすることもありますが、手技や物理療法によってほぐしながら緩和させていくことになります。

 

【よくわかっていないガングリオンの発生】
ガングリオンは、テニスだけでできるわけではありません。
手の関節にできることが多いのが事実ですが、体質的にできやすいという人もいますし、若い女性に多く見られるということもあります。
大きさも、米粒程度のこともありますので、気にしないで済むのであればそのままにしておいても害はありません。
体質的に、再発する人がいるのも事実で、外科的療法をとったとしても、再びできてしまうことも珍しくないのです。
あまりに繰り返していると、感覚障害が出てしまう例もあるとされており、館林市本町たまい接骨院ができるような保存療法のほうが、リスクは少ないといえるでしょう。

 

【テニスの怪我のことなら】
館林市本町たまい接骨院でも施術を行っていますが、このガングリオンはなぜできてしまうのか発生原因はよくわかっていません。
ただ、テニスをするうえでは、ガングリオンの様に関節に何か違和感があるというのは、プレーに対してプラスに働くことはないでしょう。
ガングリオンは不快感を覚えたり、しびれを感じたりしてしまうこともありますので、そんな時には館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
そのほかのテニスの怪我などでも、館林市本町のたまい接骨院にご相談いただければ、解決できるように導いていきます。

たまい接骨院700

« «