館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

半月板損傷はテニスに影響の少ない軽傷のうちから

テニスの怪我の参考に

【テニスにとってつらい半月板損傷】
テニスにとって、下半身はボールを打つための正しい位置に移動し、力を伝えていくうえで重要になります。
下半身に不安があると、フットワークが使えなくなり、ボールを負うことができなくなりますし、上半身に力を伝えにくくなり、打ち返すことができなくなってしまうのです。
そんな下半身の怪我の中で、テニスプレーヤーの天敵といえるのが半月板損傷でしょう。

半月板は、ひざの内部に内外2枚あります。
ひざの動きをスムーズにしたり、衝撃を吸収し安定させたりするためにも重要な意味を持っている部分です。
何かの原因で半月板損傷になってしまうと、強い痛みが出るようになり運動制限が発生することになります。
悪化させる前に施術を開始することがポイントですので、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【テニスの動きが引き起こす】
館林市本町たまい接骨院でもありますが、半月板損傷は加齢とともに起こることもあります。
テニスの場合には、ストップ&ゴーを繰り返す中、体のひねりをパワーにしてラケットに伝えていきます。
その際には、地面をつかむための上下運動と、ひねりのための水平運動が同時におこり、ひざに強いひねりがかかるのです。
このストレスが半月板を損傷させ、時に断裂させてしまいます。
走ったりするだけでも、半月板は摩擦を起こしていきますので、ひざに引っかかるような違和感があった時には、館林市本町たまい接骨院に来てみてください。

 

【半月板損傷は軽傷のうちからの対処を】
半月板損傷は、単独の損傷だけではなく、前十字靭帯損傷や内側側副靭帯損傷も伴うことがあります。
テニスを行う上で、こういった靭帯損傷も同時に起こせば、選手生命にかかわることも少なくありません。

テニスをしているときだけではなく、足を伸ばした時に、何か引っ掛かりを感じたり、何か詰まっているような痛みがあったりするときには、半月板損傷の疑いがあります。
ある角度から動かせなくなるのをロッキング症状と呼びますが、これも半月板損傷野天家定期な症状です。
悪化させてしまうと、骨同士がぶつかり激痛がでるようになり、テニスどころか歩行すらできなくなります。
こうなってしまうと、手術しか選択肢が取れなくなってしまうこともあるのです。

対抗策として、ヒアルロン酸を飲んだりする人もいますが、こういったアミノ酸類は経口摂取しても関節にまで届くとは限りません。
それよりも、軽傷のうちには、館林市本町たまい接骨院が行う保存療法で症状を軽くしていくことができますので、できるだけ早くご相談ください。
物理療法でも効果を上げていくことができますし、もっと直接的な鍼灸での施術も可能です。

たまい接骨院700

« «