館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

野球肩は軽傷のうちに回復させていくことがポイント

野球とソフトボールの怪我とは

【野球やソフトボールと付きまとう肩の痛み】
野球やソフトボールをやっていると、どうしても付き物の様に出てくるのが野球肩でしょう。
一言で野球肩といっても、野球やソフトボールをやっているときに痛み出した肩の痛みの総称です。
なぜ、総称にされてしまうのかといえば、肩関節の仕組みは非常に複雑で、個別に説明するよりも、野球での怪我ということで野球肩という説明のほうがわかりやすいためになります。

よく、野球やソフトボールで起こしてしまう状態には、深層にある筋肉であるインナーマッスルの損傷が知られていますが、表装側であるアウターマッスルを損傷してしまうことも珍しくありません。
関節の安静を保つために必要な関節唇の損傷も、野球肩の一つとして知られています。
どの原因でも共通しているのは、それぞれが近い位置にあることから、影響を与えやすく、障害が複合化してしまうことでしょう。
どんどんと悪化してしまうだけですので、館林市本町たまい接骨院をはじめ、野球肩の施術ができるところで回復を目指すことが重要となるのです。

 

【野球肩は軽傷のうちが重要】
野球やソフトボールによる野球肩は、重症化すると、館林市本町たまい接骨院でも簡単に回復させることができません。
大事なことは、軽傷のうちに手当てをしていくことです。
軽傷の場合には、1か月程度投げないだけで元の通りの戻ることができますが、重症では3か月以上かかっても痛みが引かなかったり、手術する必要が出てきたりします。

この違いは、関節唇などの軟骨部に損傷があるかどうかというのが、一つの目安になってくるのです。
こうなってしまうと、休ませても痛みが取れることがないレベルのダメージだといえるでしょう。

見分け方の一つとして、投げる瞬間に痛みが走ったり、リリースしたりした直後に痛みが出るような場合には、重症の可能性があります。
怖いのは、野球やソフトボールをしているとき以外は痛みがないということもあるということです。
キャッチボールの最初だけ痛みがあったりするけれど、だんだんと消えていくこともありますが、こういった状態はかなり悪化している危険性があります。

手をあげたら痛かったり、着替えをしているときに痛みが走しったりするようになったら、館林市本町たまい接骨院までいらしてください。
必ず野球やソフトボールの練習や試合は休み、ノースローで過ごすことも大切です。

 

【スポーツに関する理解度が高いからこそ】
野球肩から回復させようと考えた場合、何よりも重要なのはノースローに徹しボールを投げないことです。
軽傷の場合には、軽いキャッチボール程度はできるようになることもありますが、投げるという行為が悪化させるために、ノースローが重要になります。
さらに、回復してからもリハビリをかね、徐々に投球に関する強度を高めていくことが大切で、リハビリも考えずに始めてしまうと、高い確率で再発してしまうのです。

野球やソフトボールに起因する怪我の場合、館林市本町たまい接骨院で施術することができます。
それも、スポーツに対する理解度が高く、機能回復指導員も行っていたからなのです。

たまい接骨院700

« «