館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

再発しやすい野球やソフトボールで起こしてしまうインピンジメント

野球とソフトボールの怪我とは

【野球やソフトボールの肩の怪我】
野球やソフトボールにとって、肩関節は重要な部位です。
ボールを投げること、バッティングをすること、キャッチすること、すべて肩の関節が動きます。
それだけ重要な関節ですが、非常に怪我をしやすいことでも知られているのです。
さらに悪いことに、一度怪我をして壊してしまうと、なかなか元に戻すことができない場所で、癖になりやすく再発する可能性があります。
野球やソフトボールでは、肩に爆弾を抱えるという表現をすることがありますが、いつ再発するかわからないという例えなのです。
その怪我の中で、代表的とも言われているのが、インピンジメントになります。
館林市本町たまい接骨院でも、施術をすることができますので、肩の怪我を抱えてしまっている場合にもご相談ください。

 

【衝突という意味を持つインピンジメント】
インピンジメントはとは、衝突という意味です。
野球やソフトボールの動作の中で、腕の骨と肩の骨が衝突することがインピンジメントになります。
ただ衝突するだけであればそこまでの問題はありませんが、この衝突時に腱板の一部などが挟み込まれダメージを受けるのです。
その結果、炎症を引き起こしていくのが、インピンジメントの正体といえるでしょう。

館林市本町たまい接骨院でも指導をしますが、軽傷の場合には安静にしていることが一番です。
炎症を鎮めることができるため、これだけでも回復していきますが、慢性化してしまった場合には、痛みが取れなくなっていきます。
腱板の部分断裂や骨に棘ができたりすることも出てきてしまうと、インピンジメントも手術することも視野に入れなければいけません。

野球やソフトボールでインピンジメントを引き起こしてしまうのは、オーバーユースが一番の原因と考えられています。
しかし、それだけではなく、生活習慣なども原因になると考えられていますので、練習以外の生活も野球やソフトボールでは考えていかなければいけないといえるでしょう。

 

【野球やソフトボールの肩の開きやひじの動きも】
館林市本町たまい接骨院で施術する場合でも、まずは安静にすることから始め、痛みが治まってから、ストレッチを含めた運動療法も考えていくことになります。
肩甲骨周りの筋肉に対しても、手技でほぐしていくことができますが、根気よく続けていかなければ回復は見込めません。

こういった施術だけではなく、館林市本町たまい接骨院では、インピンジメントを予防する動きの指導も可能です。
野球やソフトボールにおいての肩の開きは肘の位置の問題も、大きな影響を与えます。
初期段階からこうした動きも考えていくことができれば、回復させることもできるようになりますので、できるだけ早くご相談ください。

たまい接骨院700

« «