館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

サッカーの中でゴールキーパーという特殊なポジションが負う怪我

サッカーでしやすい怪我と対応

【サッカープレイヤーの中で唯一のポジションであるゴールキーパー】
世界で最も競技人口が多いといわれているのがサッカーです。
ボールさえあれば楽しめるスポーツということもあり、世界中で愛されています。
そんなサッカーの中で、たった一人しかプレーすることができないのがゴールキーパーです。
イタリアなどでは、プレイヤーの中で最も人気が高いポジションだったりするのは、手を使うことが許された上に、たった一人だけ違う色のユニフォームを着ることができるという特別な意味もあるからです。
それだけに、ゴールキーパーは、サッカープレイヤーの中でも怪我をしやすいポジションになっています。
館林市本町たまい接骨院でも、通常のサッカーの怪我だけではなく、上半身を含め施術を考えるようにしているのです。

 

【ゴールキーパーの怪我は特殊】
サッカープレイヤーの中でも、下肢の負担は非常に高く、上半身も使わなければいけません。
唯一手を使うことができるポジションのため、指の骨折も出てきます。
精神的にも疲労もたまりやすいポジションですので、ちょっとした油断が大きなけがにつながることもあるのです。

ルール上もかなり守られているゴールキーパーですが、あたりも強くなってしまいがちです。
空中で接触した結果、頭から落ちて脳震盪を起こしたり、むち打ちになってしまったりすることも出てきます。
プレーをするうえでは、自由度の高いポジションになるだけに、トレーニングも総合的に行い体を作っていかなければ、かなりの怪我をしてしまうことになるのです。

館林市本町たまい接骨院では、一人一人に合わせた施術を行っていきます。
サッカーの怪我というだけではなく、ポジションも教えていただければ全体から判断することが可能です。

 

【ゴールキーパーとしてのパフォーマンスも高めるために】
ゴールキーパーという事を考えた場合、接触による怪我が多くなってしまいます。
いかにケアしていくかという事が重要となるでしょう。
そこで、館林市本町たまい接骨院でも指導できますが、怪我をしたら応急処置をしっかりして対応し、しっかり回復させることが重要になっていきます。
ちょっと捻挫したからといって、甘く考えていくのではなく、保護するべき部分は保護をし、怪我を拡大させないことが大切です。

館林市本町たまい接骨院では、施術だけではなく、リハビリやトレーニング方法に至るまで相談に乗ることができます。
ゴールキーパーは、身体のパフォーマンスをトータル的に高めなければいけないのですから、一つのことだけを見るのではなく、全体を見て進めていかなければいけません。
怪我から回復させるだけではなく、サッカープレイヤーとしてパフォーマンスアップさせることができるのは、ほかにない強みとなっているのです。

たまい接骨院700

«