館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

【むち打ちの症状】頸椎捻挫(けいついねんざ)

交通事故にあったときどうすればいいのか?

【交通事故で受ける深刻なダメージ】

交通事故に遭ったときなどに引き起こされるむち打ち症は、体に対して深刻なダメージになっていることもあります。

もしも、交通事故に遭ってしまったときには、館林市本町たまい接骨院で施術が可能ですので、できるだけ早く処置することが回復に対する手段として重要です。

 

むち打ちと一口で言っても、実はいろいろな分類をすることができ、一つの決まった形があるわけではありません。

分類によっては、整形外科で検査を受けて神経異常を確認しなければいけないケースもありますので、そういった場合では適切な病院をご紹介いたします。

 

【むち打ちで一番多い頸椎捻挫】

むち打ちとして最も多いケースとなるのが頸椎捻挫です。

車を運転する場合、体はシートベルトで抑えられていますが、頭部は抑えがありません。

交通事故にあってしまうと、体は車と同じ動きをすることになりますが、首は遅れて動くことになり、まるでむちを打つような動きをしてしまう事からむち打ちと呼ばれています。

この時に、首は強い衝撃を受けますが、受け止めるために筋肉や軟骨が働きダメージを受けるのです。

 

たまい接骨院の近くである群馬県館林市本町のそばの新宿交差点がありますが、ここでの交通事故でも体には強いダメージを受けています。

特に後方からぶつけられたときには、体も衝撃に備えていないため、多くはむち打ちになってしまうのです。

 

交通事故の怪我全体を見ても、むち打ちと診断される場合の7割は、この頸椎捻挫になります。

 

【交通事故からの早期復帰を目指して】

頸椎捻挫といっても、様々な症状があり、筋繊維の過度な伸長や部分断裂、靭帯の損傷などが原因となり、頸部筋や堅甲部筋といったところの圧痛を起こしたりすることになるのです。

神経症状に関しては一過性の場合が多く、部分的に引き起こされる例もあります。

いち早く施術を行えば、受傷後3か月以内には現状を取り戻すことができるといわれておりますが、遅れれば遅れるほど長引くケースがみられるのです。

 

館林市本町たまい接骨院では、むち打ちは手技によって筋肉の緊張をとれるような施術を進めていきますが、これには理由があります。

整形外科では、筋肉の緊張などといった頸椎捻挫にかかわる症状を、レントゲン検査などで原因追及することができないからです。

原因がわからないと対処ができない以上、湿布などを使った方法しかとることができません。

ところが、館林市本町たまい接骨院をはじめ、カウンセリングと手技による対応の場合には、何が起こっているのかを追究し、筋肉の緊張をほぐしていくことができるのです。

その結果、交通事故からの原状復帰を早めることができます。

症状にお悩みの場合でも対応することができますので、悩んでいるままにするのではなく、ご相談していただければ幸いです。

たまい接骨院700

« «