館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

ひざへダメージを蓄積しやすいバレーボールとジャンパーズニー

バレーボールの怪我の特徴

【ひざにたまるダメージが重症化へ】
バレーボールは、連続した動きよりも、瞬間的な動きが特徴です。
ボールを手で受ける競技であるため、突き指もしやすく指を脱臼したりすることもあります。
こうした怪我をしたりしないようにするためにも、ボールを正面でとらえることがバレーボールでは重要です。
しかし、高速で放たれるボールを正面で受けるために、ひざや腰を活用し体を動かしていかなければいけません。
さらに、ジャンプを繰り返したりしていくことから、ひざや腰にダメージを蓄積しやすいスポーツであることは間違いないでしょう。

もしも、何か体に違和感を覚えたら、すぐに館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
時間をあければよくなるものではなく、ダメージを回復させずに蓄積させれば、それだけ復帰が遅れていきます。
怪我を重症化させることにもつながりますので、生涯となってしまうようなことを避けるためにも、館林市本町たまい接骨院へどうぞ。

 

【バレーボールの怪我の典型であるジャンパーズニー】
バレーボールの怪我の一つとして、ジャンパーズニーもよく知られているところでしょう。
ひざのけがの一つであり、オーバーユースが根底に存在します。
ジャンプの動作を繰り返すことによってストレスが高まり、ひざの皿を中心として上下のすねに痛みが出てくるのが特徴です。
片足に痛みが出ると、両足に発展することが一般的ですので、日常生活にも影響が出てしまいます。

このジャンパーズニーの怖いところは、なんとかバレーボールがプレーできてしまうところでしょう。
最初はなんとなく練習後に痛みがあり、だんだんと練習中にも痛みを発してくるようになるのも、オーバーユースが原因としてあるからです。
痛みを回復させずに、どんどんと続けていってしまえば、必ず大きなひざのダメージとして返ってくることになるのですから、バレーボールを続けていくためにも、早期回復が重要なポイントといえるでしょう。

 

【楽しく競技を続けていくためにも】
ジャンパーズニーには、何よりも休息とストレッチ、アイシングが重要です。
必要以上に酷使しないことや、休息させるときにはしっかりと休ませ、練習後には炎症を抑えるためにもアイシングが欠かせません。
簡単な方法としては、氷を使う方法がありますが、水道水を10秒以上かけるだけでも効果があります。
こうした方法も、館林市本町たまい接骨院で指導することが可能です。

ひざの痛みを押してバレーボールを続けるのは、かなりしんどいことになるでしょう。
何よりも楽しく競技を続けていくことはできなくなってしまいます。
オーバーユースが原因としてわかっている以上、ひどく悪化する前に対策をすることが重要です。
館林市本町たまい接骨院では、多くの経験から対処方法も導いていくことができますので、できるだけ早く対処を始めていきましょう。

たまい接骨院700

«