館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

バレーボールの特有の動きが与える肩への負担

バレーボールの怪我の特徴

【バレーボールと肩の怪我】
プレー中の接触がほとんどないバレーボールの場合、怪我の原因はオーバーユースが最も多くなります。
肩の怪我の原因も、このオーバーユースが最も多くなっているのです。

バレーボールは、サーブやアタックの動作があるのが特徴でしょう。
その時には、重く大きなボールを打たなければいけません。
この時の衝撃は大きく、回転運動していた肩の動きを一時的に止めてしまうほど力が必要になるのです。
もちろん、こうした衝撃は関節の負担となってしまうことになります。
これに、オーバーユースが加わってくると、どんどんと痛みを生み出してくる原因となるのです。

対処方法としては、できるだけ早期の段階からケアをしていくことでしょう。
筋肉の疲労をとり、腱にかかっているストレスを解消させることが重要です。
痛みを感じる前から始めることが大切ですが、何か違和感を覚えたのであれば、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【バレーボールを続けていくために】
バレーボールの肩の関節痛には、不自然な動きもかかわってきます。
回転運動により、ボールを打つことになるわけですが、その力をボールに与えた後には、不自然な動きと力を筋肉が受け止めなければいけません。
腱もだんだんと摩耗してくることになりますので、関節を安定させるために重要な腱板にもダメージが蓄積し、損傷してしまうことになるのです。
このような状態になる前に、館林市本町たまい接骨院にご相談いただきたいところではありますが、気が付いた時に施術を始めていくことが重要だといえるでしょう。

館林市本町たまい接骨院では、回復を目指して施術を行っていくだけではなく、怪我をしにくくするようなストレッチなども指導ができます。
カウンセリングで現在の練習を聞きながら、どんなことを取り入れるべきなのか、専門家の視点で指導ができるのです。
肩の怪我の場合には、筋肉強化のための方法もありますし、アイシングの重要性も指導することができます。

 

【ルーズショルダーとは】
バレーボールの肩の怪我として、野球選手にも多く見られるルーズショルダーと呼ばれるものも忘れてはいけません。
バレーボールを含め、腕を強く振るスポーツによく見られる怪我の一つで、動揺肩とも呼ばれています。
肩の関節が亜脱臼や脱臼を繰り返すことで、習慣性がついてしまい、不安定な状態になってしまった時をルーズショルダーと呼んでいるのです。
いきなりなってしまうものではなく、何度も繰り返しているうちに関節がルーズになってしまいます。
この状態を防ぐためには、インナーマッスルを鍛え直していく保存療法をとることができます。
テーピングをしておくことも重要なお訃報となりますので、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

たまい接骨院700

«