館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

椎間板ヘルニアの原因と対処

椎間板ヘルニアと症状と施術

【意外と多くはない椎間板ヘルニア】
腰痛というと、館林市本町たまい接骨院でも椎間板ヘルニアですか?と聞く人もいます。
それだけ知名度の高い部分を持っていますが、逆に腰痛といえば椎間板ヘルニアであると勘違いしている人もたくさんいるのです。
よく名前だけ知られていますが、有病率は実は人口の約1%程度だったりします。
つまり、そんなに多くの人が悩む病気ではないといえますので、腰痛だからといって、誰もが椎間板ヘルニアになっているわけではないのです。

【激しい痛みを伴う椎間板ヘルニアの原因】
今一つどんな病気かわかっている人の少ない椎間板ヘルニアは、非常に激しい痛みを伴います。
腰椎は5つの椎骨という骨からできていますが、とても重い上半身を支えているのです。

人間の体というと、腰から分けると50:50ではないかと思われるかもしれません。
ですが、実際には60:40の割合であり、上半身が圧倒的に重いのです。
頭部を抱えているということもありますが、筋肉量は下半身のほうが多くなります。
それだけ重い上半身を支えるということが、困難なことであるということがわかるでしょう。

この重い上半身を支えているわけですが、可動範囲も大きくなければバランスをとることができません。
そのため、障害も起こしやすい部分となっているのです。
椎間板ヘルニアは、椎間板や線維輪と呼ばれる部分に亀裂が入ってしまい、内部にある髄核が外に出ることで神経組織を圧迫してしまっています。
疼痛だけではなく、しびれまで出てしまうのは、こうした圧迫の問題があるのです。

最悪の場合には、運動麻痺すら起こすことになります。
単に腰痛といったレベルでは収まらないことがある、怖い症状であるともいえるでしょう。

【椎間板ヘルニアの基本は保存療法】
館林市本町たまい接骨院でも見られることですが、椎間板ヘルニアの好発年齢は20代から40代に見られます。
比較的若い年齢であるといえますが、これ以外の年齢でも出ないというわけではありません。

椎間板ヘルニアは、基本的に館林市本町たまい接骨院が行うような保存療法になってきます。
整形外科などの場合、痛みが強くなると薬物療法をとることもありますが、手技で筋肉の緊張をほぐしたりするほか、鍼などで筋肉に直接的に働きかけることも有効です。
運動麻痺が出ているような状況では、手術療法も考えなければいけませんが、全体の10%から30%と決して多くはありません。

たまい接骨院700

«