館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

自動車事故としてハンドル外傷は防ぐこともできる

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【ハンドルにぶつかるだけの怪我のはずが】
交通事故に遭ってしまった場合、ハンドルに強打してしまい、怪我をすることをハンドル外傷と呼んでいます。
ハンドルにぶつかることで怪我をするわけですから、運転席だけで見られる怪我であるといえるでしょう。
現在は、自動車事故を起こしても、ハンドルに装着されたエアバッグが守ってくれる車も増えました。
それでも、怪我をする可能性はゼロにはなりません。
大きな怪我になってくる可能性もありますので、交通事故に遭ったら、まずは館林市たまい接骨院にご相談ください。

【非常に大きな怪我となるプロセス】
交通事故によるハンドル外傷の大半は、シートベルをすることで防ぐことができます。
正しく着用することにより、シートベルトが上半身をシートから離れないようにしてくれるため、ハンドルに衝突することはなくなるのです。
ですが、装着方法が間違っていたり、シートベルトをしていなかったりすると、自動車事故の中でも正面衝突した際には、体が前に出てしまいます。
この時に、足がダッシュボードの下にあたり、てこの原理で体が持ち上がり、頭がフロントガラスに衝突するのです。
つぎに、そのまま体が持ち上がり、体が後方にはねます。
当然フロントガラスを突き破ることもありますので、後頭部が突き破ったガラスを破壊するように跳ね上がれば、さらに大きな怪我となるでしょう。

これだけではなく、自動車事故の衝撃によりハンドルに体が衝突していますので、内臓にダメージを与えます。
ろっ骨が折れたりするだけではなく、肺の損傷から内臓破裂まで起こす可能性があるのです。
骨折などは、館林市たまい接骨院でも施術できますが、内臓に対する障害は診ることができません。
交通事故によるハンドル外傷は、非常に大きな怪我となることが理解できたでしょうか。

【自動車事故による怪我を減らすシートベルト】
交通事故に遭った際に、シートベルトをしているかどうかで、これだけの違いが出てきます。
ハンドル外傷は防げる怪我です。
もしも、シートベルトの装着が間違っており、体が揺さぶられてぶつかってしまったときには、館林市たまい接骨院にご相談ください。
自動車事故での怪我は、早期に対応していくことが大切です。
時間がたてばたつほど回復に時間が必要になると覚えておきましょう。

たまい接骨院700

« «