館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

テーピングをする理由は何か

院長の日記

館林のたまい接骨院では、時にテーピングを施すことがあります。
テーピングをするということは、関節に巻けば補強することができるだけではなく、動きを制限することが可能です。
スポーツなどで、怪我を予防したりすることもできますし、一般の生活でも再発を防ぐために使うことができます。
スポーツの場合、がちがちに固定してしまうと、確かに動きを制限し安定させることはできますが、プレーに支障が出てしまうでしょう。
そこで、無理な力が加わっても、動きを制限させることによって、怪我を防ぐことができるようになるのです。

人間の体は、一度怪我をしてしまうと、どうしてもまたやってしまうのではないかと不安に駆られてしまいます。
スポーツをしているときには特に危険で、その一瞬の判断の揺らぎが失敗につながったり、けがをしてしまったりする原因にもなるのです。
本来の力を発揮しにくくもなりますので、精神的に集中するためにも使うことがあります。

だからといって、無敵になれるわけではありませんので、無理をするためにするのではありません。
あくまでも予防策なのです。
それでも、確実に効果を上げることができますので、必要性があるときには館林のたまい接骨院にお話しください。

たまい接骨院700

« «