館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

さくらの咲く季節と腰痛の関連性

院長の日記

さくらもかなり咲きはじめ、春の装いになってきました。
たまい接骨院のある館林も、市役所の南面駐車場がかなりにぎわいを見せています。
こんな季節になると、外に出かけたくなるものですが、ここでちょっと注意しなければいけないことがあるのです。
それが、怖い腰痛を引き起こす危険性になります。
何がそんなに問題かというと、気温の寒暖差にあるのです。

春になってくると、なんだか暖かいなと思うようになるでしょう。
しかし、気温だけを見てみれば、夜になるとかなり冷え込みます。
風でも吹けば、体感気温もかなり下がってくることでしょう。
こうした寒暖差は、体の血流を悪化させることになるのです。
血流が悪化するということは、それだけ体が冷えやすくなり、筋肉も温まりません。
そんな時に動き出すと、筋肉を傷めたりすることにつながり、腰痛を引き起こすのです。
もちろん、冬ですからあまり運動もしていないでしょう。
いろいろな要因が重なり、悪化させることになります。

館林たまい接骨院では、手技と最新機材で、こうした悪条件で起きた腰痛も緩和させ改善させていくことができます。
腰は人間の体にとって要となる部分ですので、おかしいなと思ったら、すぐにご来院ください。

たまい接骨院700

« «