館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

見事に勝ち切った鹿島アントラーズ

院長の日記

Jリーグのチャンピオンが鹿島アントラーズに決まりました。
どちらが勝っても、久々の日本一だったわけですが、浦和には少しの運が足りなく、判断の誤差が出たのかもしれません。
勝利目前で勝ちを焦った感じがありました。
ですが、勝利者を決めなければいけない1戦だったことを考えると、ちょっと不思議な思いに駆られる勝負だったともいえるかもしれません。
Jリーグは終わりましたが、サッカーのシーズンは終わりというわけでもないため、怪我をしないように頑張ってほしいと思います。

サッカーの場合、ケガが大きな影響を与えることがあるでしょう。
ドイツのシャルケ01の内田選手が、手術をしてからやっと復帰できるかもしれないというニュースがある通り、手術をするというのはとても大きな選択です。
体を切るのですから、元に戻るまでには多くの時間を割くことになるでしょう。
その前に、やれることをやるべきであり、保存できるのであれば切るべきではないことも確かです。
人間の体の細胞は数が決まっており、メスを入れればそのダメージは確実に表れます。
負担は必ずあるのですから、切ればいいというものではないのです。

整形外科では、どうしても外科手術を選択することが多いでしょう。
館林たまい接骨院では、こうした外科手術ではなく、保存療法を模索していきます。
整形外科で手術ということで悩んでいるときには、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。
これまでに見つからなかった選択肢を見つけられるかもしれませんよ。

たまい接骨院700

« «