館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

だれでも起こる可能性があるヘルニア

院長の日記

突然痛みがやってくるヘルニアは、だれにでも発症する可能性があります。
いろいろな要因がありますが、なりやすいといわれているのは、運動不足で肥満気味、デスクワーク中心で同じ姿勢をとりやすいといったところでしょう。
重い荷物を運び続けているような人もなりやすいと考えられています。
考えられているというのは、これが絶対ではなく、加齢でもなる可能性がありますし、食生活にも要因があるからです。

腰に痛みが出る椎間板などは、20歳あたりから弾力性を失っていきます。
なにか衝撃を与えると、内側にある髄核が飛び出してしまい、発症し始める可能性があるのです。
カルシウム不足もありますし、姿勢の悪さでも飛び出す可能性があるのですから、1つのことが原因とは言えません。
引き金になることはありますが、普段から気をつけているということも重要となってくるでしょう。

整形外科では、ヘルニアというと即手術を進めるところもあります。
ですが、切ればいいというものではありません。
人間の体は切れば回復させなければならず、ものすごい時間が必要となります。
館林たまい接骨院のように保存療法をとることができれば、負担は格段に減らすことが可能です。
運動や温熱療法、コルセットなどでも改善させていくことができます。
館林たまい接骨院では、必要な場合にはコルセットも用意してありますので、さまざまな角度からヘルニアの対策も可能です。
手術したほうがいいほどの状態の場合には、整形外科もご紹介できますので、痛みを感じ、おかしいと思ったときには、できるだけ早めにお越しください。

たまい接骨院700

« «