館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

節分と恵方巻

院長の日記

本日は2月3日で節分です。
正確には春の節分で、実は明日が季節の変わり目となる立春となります。
季節の変わり目である日の前日が節分というわけで、本当は年4回あるわけです。
ここで豆をまくわけですが、鬼を滅するという意味があり、無病息災を祈願し巻いています。
今ではかなり忘れられていますが、こうしたことを思い浮かべて節分を楽しんでみるといいでしょう。

もうひとつ、最近得増えてきている恵方巻です。
たまい接骨院のある館林のスパーも大混雑していましたが、実はよくわかっていない腐臭のひとつだったりします。
由来も発祥もよくわかりませんが、大阪由来であるというのは、ひとつの節でしかありません。
もともと、恵方巻という名称でもなかったからです。
ただ、丸かぶり寿司と呼ばれていたりしましたが、これをセブンイレブンが仕掛けて恵方巻という名前で売り出したというのが有力だったりするんですから驚きでしょう。
今では当たり前のように広まりましたが、こんな由来があったと知ると、無病息災を祈って食べるというのもどうなんだろうと思ってしまいます。

ですが、何かあって館林たまい接骨院で施術をすることも重要ですが、怪我もせずに一年過ごすことを祈るというのも大切でしょう。
1年に1度の2月3日の節分なのですから、大切にしていきたい一日であることも間違いないからです。

たまい接骨院700

« «