館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

スポーツ障害に見える危険度の高さ

院長の日記

練習のし過ぎが引き起こす危険なスポーツ障害

GWも新入生は練習ということも多いでしょう。
部活に入ったばかりですので、早く慣れたいという思いも強いはずです。
たしかに練習することは大切ですが、怪我をしないようにしていかなければいけません。
そのためには、休ませるということも大切です。
練習をすることで、筋肉をはじめ、骨や筋にもダメージがたまります。
これを回復させることによって、はじめて体を作っていくということを忘れないようにしなければいけません。

これは、指導者にも言えることです。
昔のようにやかんを持って掛けるような時代ではありません。
怪我を防止して、子供たちがスポーツ障害につながったりしないようにしていくことが必要です。
根性論でコーチをする時代ではないということになるでしょう。
痛ましい事故などにつながらないよう、早く怪我の状態を把握し、スポーツ障害とならないように適切なケアをしていくことが大切です。

スポーツ障害は、使いすぎ症候群とも呼ばれます。
一定の負荷をかけすぎていくことによって起こるものを指していますが、成長期の子供によく見られるところが特徴です。
大人でも起こす可能性があります。
骨を例に取ると、金属疲労に例えられることがありますが、同じ個所に連続的に力をかけていくことで、堅牢な金属もやがて折れてしまうということです。
骨に問題のない負荷をかけ続けていたとすると、やがて結合部が破壊されるようになっていきます。
これが骨折につながってしまうといったことです。
腓骨骨折がよく見られますが、初期の段階ではレントゲンをとってもはっきりとわかりません。
整形外科で見逃してしまうことが多いのも、この時点でスルーすることがあるからです。
館林たまい接骨院では、本人の痛みの感じ方も考えていきます。
本人がつらい思いをしている以上、どうしたら緩和できるのか、回復する手段を講じるアプローチが整形外科とは異なるため、施術をスタートすることができるのです。

骨折などの例で行けば、本人の申告も重要ですが、異変を感じてあげるということも必要でしょう。
大人が見て、何かがおかしいと感じた時には、休ませて回復させなければいけません。
もちろん、トレーニングの強度の問題もあります。
何でも強い強度で練習すればいいというわけではなく、耐えられる強度で回復させられるということが大切でしょう。

事故ということも踏まえていけば、怪我をしてから治すという考えは、すでに過去のものであると考えるべきなのです。
スポーツ障害を起こすということは、指導者にも大きな責任があるということを忘れるべきではありません。
異変が少しでもあると考えた時には、館林たまい接骨院にお越しください。
適切な処置をスタートさせます。

スポーツ障害の代表格である野球肘

スポーツ障害は、骨だけではありません。
肉離れや腱断裂、靭帯損傷も含まれていきます。
スポーツによる障害であり、組織が破綻をきたす可能性も否定できません。
なぜ学生など未成年に起きやすいのかということも問題でしょう。
子供たちの成長は、骨から起こっていきます。
筋肉は、その骨をカバーするように成長するのが、一般的なプロセスといえるでしょう。
成長期の子供たちの骨が、どんどんと成長しているため、密度が低くなりやすく非常にもろくなっている状態です。
この状態で、強い力を加え続けていけば、当然変形をしたりすることも出てきます。
健康に成長できるようにサポートしなければいけない時期で、回復を超えるようなダメージを与え続ければ、一生抱えるスポーツ障害にもなりかねません。

スポーツ障害として、よく知られたものに、野球肘があります。
ひどい場合には、日常生活にも悪影響を与えることで知られているでしょう。
一番の原因は投げ過ぎであることはよく知られている部分です。
内側と外側で起きる可能性がありますが、外側では解離性骨軟骨炎が起こりやすく、軟骨が損傷して変形してしまうことが原因となっています。
関節ネズミと呼ばれていますが、軟骨は壊死して剥がれ落ちてしまっている状態です。
内側の場合には、靭帯が引っ張られることで断裂するというのが、内側側副靭帯損傷の原因となっています。
断裂といっても、付着部からはがれてしまうことさえあるのです。

この二つの症状とも、適度に休ませて回復させていけば、発症することは少なくなります。
重症化させてしまう前に館林のたまい接骨院に来ていただければ、適切に処理を進めていくことが可能です。
ですが、気づくことなく練習をさせていたらどうでしょうか。
もっと重い障害になってしまう可能性もあり、野球もすることができなくなるかもしれません。
そういったスポーツ障害につながる危険性があるのですから、適度に休息をとり、回復させていくことが必要です。
無理に練習を続けていくことは、のちに休まなければならなくなり、穴をあけることにつながるのですから、早めに体をケアすることが必要でしょう。
館林たまい接骨院では、カウンセリングを進めながら、いったいどんなことが起きているのかも判断していきます。
痛みや違和感を抱えたままにせず、早めに施術を始めていきましょう。

痛いといえる環境を作ること

スポーツ障害につながらないようにするためには、運動をするために準備運動をすることです。
体を温め、代謝を高めることで、筋肉も筋も動ける体制になっていきます。
ウォームアップが重要で、できるだけ20分程度の時間をかけて、ゆっくりと温めていきましょう。
いきなり力を掛けると、これだけで怪我をしてしまうかもしれないからです。

運動終了後には、クールダウンが重要になってきます。
体を鎮めるとともに、疲労回復を狙っていきますが、ストレッチなども効果的ですし、アイシングするというのも方法となるでしょう。
この2つをするだけでも、かなり防ぐことができるようになります。

根本的な対策として、運動量を適切なところにとどめるということも考えなければなりません。
特に同じ動作を繰り返していくことで、どんどんとダメージを蓄積していくことになります。
一体どれぐらいの運動量にするのかを考えていかなければいけません。
オーバーユースが問題の根底にある中、負担を増やしては意味がないからです。

中学生と高校生に対する考え方も異なります。
個人差が表れやすい時期でもある以上、個人に合わせた練習が必要です。
筋力トレーニングをするとしても、確実に適切な時期あります。
この時期以外では、体が出来上がっていないだけで、負荷を上げるだけになるでしょう。
これでは、体に負担をかけるだけで得るものはありません。
見極めをするということが重要であり、一人ひとりに合わせたトレーニングをするべきでしょう。

子供たちは、痛いといったりしたら、もう使ってもらえなくなる、レギュラーを失うと考えてしまいます。
こうした環境がスポーツ障害につながることは間違いありません。
では、だれがこうした環境にしているのかといえば、大人であることも確かでしょう。
痛いと言わせないのではなく、痛いとはっきり言える場所を作ってあげることです。
スポーツ障害になるほどの怪我になることを考えたら、そうなる前に施術をスタートするほうが、よほど理にかなっているでしょう。

館林たまい接骨院では、スポーツ障害に対する対応も可能です。
ですが、そういった状態になる前に、改善できる方法を考えるべきです。
小さなきっかけからでも、十分に回復させることができますので、何かおかしさを感じたらすぐに館林たまい接骨院と回復を考えていきましょう。

たまい接骨院700

« «